撮影の基本知識|画像を保存する


撮影の基本知識|画像を保存する

画像を保存する

【イメージセンサー】
フィルムカメラの時は、フィルムが光をとらえて画像を保存していました。デジタルカメラは、イメージセンサー(撮像素子)を使って画像をとらえます。イメージセンサーは、光検出回路を備えた半導体で、レンズの背後にあります。

 

カメラのスイッチを入れると、センサーが光に反応し、その表面に当たった光の量に応じて、センサーの電流を変化させます。カメラの電子回路が電流の変化を検知し、センサー上の場所と関係づけます。こうしたデータが写真に変換されます。

 

イメージセンサーは、どれも画素(ピクセル)と呼ばれる独立した小さなセンサーで構成されます。各画素は、光の明るさや色に関する情報をとらえる機能を持っています。

 

イメージセンサーには非常にたくさんの画素が詰め込まれ、その容量は横4000画素、縦3000画素などと表示されます。二つの数字をかけると総数が算出され、この場合は1200万画素となり、100万画素は1メガ画素に等しく、このイメージセンサーの容量はすなわち12メガ画素となります。

 

イメージセンサーが大きいほど、画像の質も高くなります。ここでいう「大きい」とはメモリー容量であって、必ずしも物理的な大きさではありません。デジタル一眼レフの良いところは、コンパクトカメラよりも画素数が多いため、より高品質の写真が撮影できることです。

 

続いて、撮影の基本知識|写真を撮るです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら








ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る