写真を撮る|撮影の基本知識


写真を撮る|撮影の基本知識

写真を撮る

シャッターボタンを押すとカメラのシャッターが開き、設定された時間だけ、イメージセンサーに光が当たります。

 

1,まず、写真の構図を決めます。光がレンズに入ると、反射鏡で光路が曲がり、光はペンタプリズムを通ってファインダーに届きます。撮影者はファインダーを通して、「カメラが見ているもの」を見ます。

 

2,撮影する
撮影者がシャッターボタンを押します。そうすると反射鏡が上がり、設定に応じて絞りが閉じます。設定されたシャッター速度に応じてシャッターが開き、光がイメージセンサーに届く。

 

 

続いて、構図とはです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る