適正な露出を決める|撮影の基本知識


適正な露出を決める|撮影の基本知識

適正な露出を決める

【露出】
露出とは、写真を撮るときにデジタルセンサーまたは感光フィルムに届く光の量を表しています。写真の良さを左右する重要な鍵です。露出は次の二つの要素で調節します。

 

・レンズが開く大きさ、すなわち絞りによる。

 

・開いているレンズを通って光が差し込む時間の長さ。これはシャッター速度によって調整される。

 

写真家がいう「適正な露出」とは、絞りとシャッター速度が最高な組み合わせとなって、光量が適正で、しかもバランスがとれているという意味です。

 

【光と時間のバランス】
写真を撮るうえで、光と時間のバランスが重要です。オート撮影の場合は、カメラが最も適正な露出を想定してくれますが、これは撮影者に見えているものをカメラが適切だと思うものに置き換えているからです。しかし、カメラの賢さにも限界があります。光が少しでも通常の範囲からはずれてしまったら、自分で露出を設定します。

 

カメラは私たちの目と同じです。目の場合、眩しければ瞳孔が閉じて、入ってくる光の量を減らそうとします。カメラの絞りも瞳孔のように、入ってくる光の量を調整します。また、シャッターもまぶたのように開いたり閉じたりします。写真の露出は、この絞りとシャッター速度の組み合わせによって決まります

 

今日のカメラは、自動で露出を計算する機能があります。しかし、自分のカメラを熟知し、露出を変化させるとどのような写真が撮れるかを学んでおけば、一歩進んだ作品を撮影できるようになります。

 

失敗を恐れずに、露出オーバーからアンダーまで絞りを段階的に変えて、たくさん撮影してみて下さい。それぞれどんな結果になるのかを知ると、本番のときに色々な光の状態にも素早く対応できます。

 

【オススメ外部リンク】
露出についてわかりやすい図を見つけたので、こちらを参考にしてみて下さい。
フォトブログハンブルク

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る