カメラの基礎知識|ファインダー


カメラの基礎知識|ファインダー

ファインダーとは

カメラの上部についている小さなファインダーを通して、写真の画面を切り取る点では、デジタル一眼レフカメラもフィルムカメラも同じです。

 

デジタル一眼レフの背面には、撮りたい場面を大きく映し出すことができるLCD(液晶ディスプレイ)パネルが取り付けられています。このLCDパネルは、写真を撮る方法を劇的に変えましたフレーミング(※)のための道具として使えるだけでなく、校正システムとして実際に撮影する前に構図や露出、光を即座に確認できます
※フレーミング…写真や絵画の制作において、フレームの位置、大きさなどを検討、決定すること。

 

カメラの中にはLCD(液晶ディスプレイ)のデータスクリーンを上部に、モニタースクリーンを背面に備えたものもあれば、背面にLCDパネルがあるだけの単純なタイプもあります。LCDパネルのおかげで、撮影現場で自在に写真を編集できるようになりました。フィルムを無駄にすることなく、効果的な撮り方が見つかるまで、その場で繰り返し写真を撮ることができます。また、失敗した写真はすぐに削除できます。

 

ほとんどのデジタル一眼レフカメラでは、実際の情景が100%スクリーンに映し出されるわけではありません。写真を撮る際は、スクリーンで確認したより一回り大きな画像がイメージセンサーに記録されることを覚えておきましょう。

 

続いて、カメラの基礎知識|焦点とはです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら








ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る