ISO感度とは|カメラの基礎知識


ISO感度とは|カメラの基礎知識

ISO感度とは

【ISO感度】
ISO感度とは、イメージセンサーの光感度レベルのことをいいます。この設定によって、カメラの基本的な光感度が決まります。フィルムのASA(アメリカが主導して作ったフイルム感度の表記方法)やDIN(ドイツが主導して作ったフイルム感度の表記方法)などに代わる、デジタルカメラの標準値です。

 

フィルムカメラの時代には、色の特性とASAやDINで表される感度に基づいてフィルムを選んでいました。デジタルカメラの場合は、これよりずっと直接的で、自分でさまざまなISOレベルを設定できます。

 

天気のいい日には、100ぐらいの「遅い」ISOが適切です。屋内や曇りの日には400や800が望ましく、屋内または投光照明の場合はISO800、ISO1600が目安になります。ISOの数字が低い方が写真の画質は良くなります。光に対する感度という点では、デジタルカメラはフィルムをはるかに上回ります。

 

【測光】
露出の設定に必要なのが、イメージセンサーもしくはフィルム面に入る適正な光量を知ることです。以前は、カメラから独立した手持ち用の露出計が使われていました。デジタル一眼レフでは、大半が高度な自動露出計に置き換えられています。もちろん、マニュアル設定(M)も利用できます。自動露出計が示した適正露出に対して、カメラのメニューにある「露出補正」で、露出を高くしたり低くしたり設定することもできます。測光パターンにもさまざまな方式があります。

 

・評価測光…カメラに初期設定されている方式

 

・スポット測光…背景が被写体よりもずっと明るいときに有効

 

・中央部重点測光…画像の中心部を重点的に測光する

 

【オススメ外部リンク】
ISO感度についてわかりやすい図を見つけたので、こちらを参考にしてみて下さい。
フォトブログハンブルク

 

続いて、シャッター速度とはです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の就職・転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る