カメラの基礎知識|シャッター速度とは


カメラの基礎知識|シャッター速度とは

シャッター速度とは

【シャッター速度について】
シャッター速度によってシャッターの幕が開く時間、つまりイメージセンサーに達する光量が変わります。カメラによって、シャッターは幕ではなく、少しずつ重なった金属の羽根の場合もあります。シャッター速度は自分で選ぶこともできますし、カメラの自動設定に任せることもできます。

 

シャッター速度の数字は、シャッターがどのぐらいの時間、光を通すかを示し、カメラの液晶ディスプレイに表示されます。一般的に、遅いものから速いものの順に1秒、1/2秒、1/4秒、1/8秒、1/15秒、1/30秒、1/60秒、1/125秒、1/250秒、 1/500秒、1/1000秒です。

 

【オススメ外部リンク】
シャッター速度についてわかりやすい図を見つけたので、こちらを参考にしてみて下さい。
フォトブログハンブルク

 

【速いシャッターと遅いシャッター】
シャッター速度を上げると、スポーツ選手の一瞬の動作や、遊んでいる子供の早い動きを止めることができます。シャッター速度が遅いと、そうした動きはブレます。しかし、必ずしも動いている被写体には速いシャッターが良いわけではありません。シャッター速度を遅くすることで、創造的な効果が生まれる場合もあります。ブレる原因は、だいたい遅すぎるシャッター速度にありますが、カメラを動かすことでブレが生じることもあります。

 

比較的弱い光しか使えない場合は、シャッター速度の選択には注意が必要です。被写体が暗く、露出計が遅いシャッター速度を示したときは、カメラを手で持つのではなく、三脚を利用してブレを防ぐようにしましょう。

 

動くものを写真に撮るとき、シャッターを長く開ける(シャッター速度が遅い)と、写真の被写体がブレて写ります。

 

ストロボなしで動きを止めて撮影するには、1/500秒よりシャッター速度を速くする必要があります。シャッター速度が1/125秒より遅ければ、三脚などカメラを支える器具を使用した方が良いです。広角のレンズは、シャッター速度が遅くても手持ち撮影に耐えられますが、1/60秒より遅い速度になると、手持ちではブレる可能性が高くなります。

 

【等価露出】
絞りとシャッター速度は、反比例の関係で働きます。例えば、1/100秒のシャッター速度は、1/200秒の半分の速さであり、1/50秒の2倍の速さです。

 

F2.8の絞りは、次に大きな目盛りであるF4よりも2倍大きく、次に小さな目盛りであるF2の半分の大きさです。

 

もし、シャッター速度を1目盛りだけ遅く(光を多く)して同じ露出を得ようと思えば、絞りを1目盛り分だけ絞る(光を少なくする)必要があります。
例) 1/250 → 1/125 F4 →F5.6

 

逆に、絞りの開きを大きく(光を多く)するならば、シャッター速度を2倍(光を少なく)にしなければなりません。
例) F4 → F2.8 1/250 → 1/500

 

このようにセンサーに届く光の量を等しくするシャッター速度と絞りの組み合わせを、相反則(そうはんそく)、または等価露出と呼びます

 

低速シャッター 普通のシャッター速度 高速シャッター
ブレ効果を狙うときや流し撮りを行う場合。ブレを避けるにはもっと速く。 「平均的な」被写体の撮影には最も安全。 被写体の動きを止めたいとき。
1/4秒 1/60秒 1/500秒
1/8秒 1/125秒 1/1000秒
1/15秒 1/250秒 1/2000秒
1/30秒    

※参考…ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 完全マスター

 

続いて、カメラの基礎知識|光と露出です。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら








ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る