光の性質・硬い光と柔らかい光|光を知る


光の性質・硬い光と柔らかい光|光を知る

光の性質・硬い光と柔らかい光

光は写真にとって最も重要な要素の一つです。光は、常に変化します。

 

硬い光は、太陽、スポットライト、フラッシュ、裸電球など、一つの点光源から出る強い光が直接被写体に当たっている光です。被写体がはっきり、くっきりと写り、影も濃く強くでます。こうした光は、コントラストが明確で、ありのままの被写体をそのまま撮影するのに向いています。
点光源…発光部の大きさが受光部までの距離に比べて小さく、点とみなせる光。

 

光り輝く太陽、とくに正午前後の日差しは、輪郭のくっきりとしたシャープなコントラストになります。日の当たっているところは色鮮やかに、陰の部分は黒っぽく写ります。

 

明るいところと暗いところがはっきりしているということは、白とびや黒つぶれが起きやすくなります。被写体の明るいところに写真の明るさを合わせると、暗いところは黒つぶれしやすくなります。反対に、被写体の暗い部分に写真の明るさを合わせると、明るい部分は白とびしやすくなります。写真に写る明暗差は、人間の見た目以上の差で写ります。

 

カメラのセンサーは、明るいところと暗いところ、両方の細部までとらえきれません。しかし、光が強すぎて色飛びしない限り、被写体の色は正確かつ鮮明に再現できます。

 

柔らかい光は、光源からの光が何かで弱められ、拡散されて被写体に当たっている状態です。

 

くもりの日は、太陽の光がくもでさえぎられ光が拡散されるので、柔らかい光になります。雲が厚くなればなるほど、光は柔らかくなります。

 

柔らかい光は、明暗差が少なくなり、影はボケたように薄いです。明暗差が少ないので、白とびや黒つぶれも起きにくい状況です。

 

柔らかい光で写真を撮ると、柔らかい、優しい感じに写ります。

 

続いて、光のあて方で表現が変わるです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の就職・転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る