ホワイトバランスとは|光を知る


ホワイトバランスとは|光を知る

ホワイトバランスとは

ホワイトバランスとは、白いものが白く写るように色の補正をおこなう機能です。

 

白い紙に晴天時の太陽があたっているとき、夕日があたっているとき、電球などの人工光があったっているときでは、それぞれ違う白色をしています。これを白色にするためにホワイトバランスを使います。

 

被写体は、太陽の光やライトなどの光源からの光を反射して、目やレンズに写ります。人間の目は、被写体に自然光があたっていても、電球や蛍光灯の人工光があたっていても、白い色は白と認識します。

 

しかし、光源には色温度があるため、実際の色は、青っぽくなったり、赤っぽくなったりしています。デジタルカメラでは、白いものが白く写されるように調整する必要があります。どのような光の下でも適切な白色を再現するための機能がホワイトバランスなのです。

 

【ホワイトバランスの設定】
デジタルカメラには一般的に、いろいろな光源に対して自動的にホワイトバランスを調整してくれるオートホワイトバランス機能が付いています。そのほかにも、太陽光、電球、蛍光灯などの光源にあわせて、手動でホワイトバランスを設定することができます。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る