強い光のときに写真を撮る場合|光を知る


強い光のときに写真を撮る場合|光を知る

強い光のときに写真を撮る場合

日中に撮影していると、太陽の光だけでは思うような写真が撮れないことがあります。足りない光を補うために、反射板やフラッシュで、被写体の前面に光を当てます。

 

日中に写真を撮っていると、太陽などの強い光のせいで画像の一部が白っぽくなることがあります。これをレンズフレアといいます。その原因は、簡易カメラ以外の一般のカメラは、複数の凹レンズと凸レンズを組み合わせたレンズを使っているためです。レンズフレアがあることで、臨場感のある良い写真になることもありますが、画像に霧がかかったようにぼやっと見えることもあります。

 

真夏の海岸や、快晴の日の一面雪景色のように、全体的にかなり強い光が当たっている場合、イメージセンサーは露出をうまく調整できません。より明るく写すには、カメラの露出計を「+1」もしくは「+1/2」に補正します。

 

画像全体の明るさが18%を超えないように露出を判断するため、測光の仕組みで平均濃淡値(18%)に勝手に調整されてしまいます。雪原や砂浜はそれ以上に明るいため、自動露出で撮影すると雪は白ではなく濃い灰色に写ります。あえて露出を明るめに補正することで、雪や砂を自然な明るさで撮影できます。

 

続いて、弱い光のときに写真を撮る場合です。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る