弱い光のときに写真を撮る場合|光を知る


弱い光のときに写真を撮る場合|光を知る

弱い光のときに写真を撮る場合

ほとんどのフィルムは、暗い場所を撮れるほど感度が高くないため、写真の粒子が粗くなり、きれいな写真を撮るのが難しいです。しかし、デジタルカメラのISO感度は最大で102400に達し、そうした制約がありません。デジタル写真のおかげで、キャンプファイアーをしているところ、市街地の夜景などが鮮明に撮影できるようになりました。

 

ただし、ISO感度を高くすると、高速撮影時のフィルムと同様に、粒子が粗くなります。そこで、弱い光でも粒子分解能と発色を損なわないISO感度を模索する必要があります。好都合なことに、色の鮮やかさ(彩度)は弱い光のほうが増します。

 

弱い光の場合、予想外の写真が撮れることが多いです。シャッター速度が遅くなるので、被写体のごくわずかな動きをとらえたり、ファインダー越しには見えなかった色ずれが生じたりします。

 

続いて、霧ともやを使って写真を撮るです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の就職・転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る