RAWファイルとは|写真を加工する


RAWファイルとは|写真を加工する

RAWファイルとは|写真を加工する

RAWファイルは、カメラの中の未加工画像のことをいいます。

 

デジタルカメラは、特に設定しない限り、JPEGなどの圧縮ファイルで画像を保存します。そうした圧縮ファイルは、色温度、色調、色相、ホワイトバランスをソフトウエアが最適化して読み取ったものになります。その画像は、写真を撮った人が見たもの、見たいと思っているものとは違うことが多くあります。

 

圧縮ファイルは、圧縮の過程でかなり細部のデータが落とされますが、RAW画像は、自由に手を加えられるまったく加工されていないデータです。しかし、RAWファイルは圧縮ファイルの2~3倍容量が大きいため、メモリーカードに大きな空き容量が必要になります。

 

RAWファイルのおかげで、画像の修正、編集ができるようになりました。屋外での撮影時に露出設定をしそこねても、ソフトウエアで編集すれば、修正することができます。RAW画像には、高輝度(ハイライト)から中輝度(中間調)、低輝度(影)の部分まであらゆる色調の情報、色相や彩度、コントラストの情報が詳細に記録されています。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る