画像を加工する|写真を加工する


画像を加工する|写真を加工する

画像を加工する|写真を加工する

画像加工などの画像処理ソフトを使うと、さまざまな補正機能を用いて画像処理ができます。

 

画像処理のメニューの中には「レベル補正」機能があり、画像の明るいところ、暗いところを調整できる機能があります。

 

ほかにも、コントラストと色合いを自動補正する機能や、自分の判断でコントラスト、色合い、明るさ、色相、彩度などを補正する機能があります。

 

レイヤー
露出
レベル補正
トーンカーブ
色相・彩度・明度
トリミング
解像度

レイヤーとは

レイヤーは、フォトショップなど写真編集ソフトの上級者向け機能です。

 

その名前のとおり、レイヤーは何層もの画像を重ね合わせることをいいます。「調整レイヤー」と呼ばれることもある各レイヤーは、個別の写真であったり、画像を部分に分けたものであったりします。

 

透明もしくは半透明のプラスチックシートのような画像をイメージしてください。そうした画像を重ねることで、元の写真の色調を失うことなく画像を補正したり、 新しい画像をつくり出したりすることができます。

 

ほとんどの編集ソフトは、微調整を重ねるうちに元のデータが失われることが多いです。しかし、レイヤー機能を使えば、データが失われる心配がありません。レベル補正や色相、彩度、コントラストといった補正もすべて、重ねた部分に施されます。元の画像にはまったく手を加えずに、その下の画素データの見た目を変えるためです。そのため、元のデータを損なうことなく、元に戻そうと思えばすべてのデータが元通りになります。

 

Topへ戻る

露出とは

「露出」という言葉は、写真のさまざまな過程で使われます。露出は、カメラに設定する数値でもありますが、画像加工ソフトで、画質を向上させる補正機能でも使います。

 

RAW画像を加工するときには、写真を撮るときの設定と同じように、露出の値を変えることができます。

 

しかし、圧縮ファイル(JPEG)を加工するときは、画像全体の明るさの調整しか露出補正はできません。この場合、ほかの色調も変わってしまい、肝心なディテールが失われることが多くなります。

 

露出補正の値は、カメラの絞り値の設定と対応しています。

 

「+1」は、絞り値を1目盛り減らして露出を増やし、「-2」は絞り値を2目盛り増やして露出を減らすことに相当します。ガンマ補正スライダー(※)を使うと、画像のコントラストが変わり、オフセットスライダーは影や中間調を暗くしますが、ハイライトの変化はほとんどありません。
※ガンマ…ハイライト(明るい部分)やシャドウ(暗い部分)に影響を与えずに中間調の明るさを調整するのに用いるパラメータのこと。カメラの編集メニューや設定、画像加工ソフトのレベル補正内などにガンマがあります。

 

Topへ戻る

レベル補正とは

レベル補正は、画像全体の色調やカラーバランス、シャドウ、ハイライトなどの調整を行えます。画像の特定の色調を変えても、変えたくないディテールはそのまま残すことができます。

 

画像加工ソフトのメニューの中に、「自動レベル補正」、「レベル」などの機能があると思います。レベル補正を選択すると、トーンのレベルを表すヒストグラムが出てきます。

 

これは、左が暗く、右が明るいことを示しています。枠の両端までヒストグラムの分布が届いていなければ、画像に真っ白もしくは真っ黒な部分がないことを意味します。

 

ヒストグラムの下には、黒、グレー、白の三つの三角があり、それぞれのトーンを変えることができます。黒や白を補正すると、中間調のスライダーも動きます。中間調も、ハイライトや影の部分と関連しているためです。

 

上手に補正するには、写真にとって一番重要な部分を支配するスライダーから動かします。満足のいく補正ができなかった場合は、編集メニューなどにある、「元に戻す」を選択して最初の状態にしてレベル補正をやり直します。

 

Topへ戻る

トーンカーブとは

トーンカーブは、補正ツールで最も精密に露出を調整できる機能です。画像の他の部分のレベルに影響を及ぼさずに、明るい色調、あるいは暗い色調の部分だけを変えることができます

 

左下から右上に伸びるこの対角線図でトーンカーブを調整します。この対角線は、左下の最も暗い影の部分から右上のハイライトの部分まで、画像の色調を表しています。カーソルを線上に移動して選択し、線を上(左)あるいは下(右)方向に動かすと、写真の色調が変わります。

 

画像の一部だけを補正するには、カーソルをその部分にもっていき、「Option」キーを押してクリックする(Mac)か「Ctrl」キーを押してクリックする(PC)と、「アンカーポイント」が線上にできます。そして、次の二つの選択肢からどちらかを選びます。

 

・アンカーポイントを動かし、周りの色調に合うように補正する。

 

・アンカーは線上に置いておき、線を調整することでアンカー周辺の色調を変える。

 

Topへ戻る

色相・彩度・明度とは

今では、フォトショップなどの画像加工ソフトなどで、自分で写真の色を変えたり、修正したりが簡単にできます(細かい色合いを忠実に印刷することは、また別の処理になります)。

 

・色相
コバルトブルーとアクアブルーとの違いや、被写体の着ているセーターの色など、色の純度を補正する。

 

・彩度
色の濃さや深みを微調整する。

 

・明度
画像の明るさをコントロールする機能で、単純に明暗を変化させる。明るさの加減は、画像の全体的な色調にも影響し、減光フィルタをかけたような、どことなく濁った感じになる。画像の明るさをコントロールするには、「レベル補正」を使うほうがよい。

 

彩度の補正から手をつける人が多いですが、やりすぎてしまう可能性が大きくなります。彩度をいじりすぎると色が強くなり、けばけばしくなります。ほどよい彩度レベルは、スライダーの目盛りで「+10」から「+15」程度です。画像の色が多い場合、彩度を上げることはできますが、それほど目立たなかった色が不自然に浮いて見えます。

 

色相の補正も、ほんの少しスライダーを動かすだけで大きな効果が出せます。色相補正は、花と花瓶を白熱灯で撮影したが、昼光色と同じようにしたいときなど、不自然な色や望んでいない色を補正するときに使います。

 

Topへ戻る

トリミングとは

トリミングは画像の完成度を上げる一般的な手法です。大事な部分をクローズアップし、邪魔な部分や余計な部分を取り除くことで、画像の魅力を引き出す方法です。

 

トリミングは難しい操作はなく、必要なところだけを切り取り残します。

 

Topへ戻る

解像度とは

解像度は三種類あります。

 

・カメラの解像度
電子的な解像度で、ピクセルという単位で測る。

 

・画像の解像度
電子的な解像度で、ピクセルという単位で測る。

 

・プリントの解像度
紙などにプリントする際のインクの点の数のことで、ドットという単位で測る。現実世界のドットは、電子のピクセルに対応していると考えてよい。

 

プリント解像度は、ドット/インチ(DPI)が一枚の紙にプリントする点の密度を表します。ドットが多ければ、解像度が高いことを意味します。プリントする際にドット/インチの数値を上げると、そのサイズでプリントするのに必要なピクセル/インチ(PPI)の数値も高くなります。

 

多くのインクジェットプリンターは、300ピクセル/インチ(PPI)の解像度に最適化してプリントしますが、ほとんどのモデルは240PPIの解像度でも十分な仕上がりが得られます。解像度が低めのほうが、大画面にプリントする場合でも画像ファイルの容量が大きくならずに済みます。

 

Topへ戻る

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る