マクロ撮影をするときに気を付けること|構図について


マクロ撮影をするときに気を付けること|構図について

マクロ撮影をするときに気を付けること

マクロ撮影では、被写界深度が重要な意味を持ちます。

 

小さな被写体を鮮明に写すには、光が許す限り絞りを小さく、F8かそれより小さく絞ります。カメラはしっかり構えるか三脚にセットして、前景の中心となる被写体に焦点を合わせます。焦点がシャープである限り、残りの部分はぼかしても良い。

 

被写体の中心部分をカメラの焦点面に合わせることも大切です。できる限りカメラを被写体と平行に近づけます。

 

例えば、花を撮るときは、カメラの本体を傾けて花の角度に合わせます。

 

外でマクロ撮影を行う場合、早朝、または夕方が理想的です。太陽の位置が低くなり、側光の具合が良く、風も収まっているからです。

 

マクロ撮影では、最初は広角画面で撮り、徐々に被写体に近づいていきます。遠方から広くとらえた場合よりも、ごく小さな細部が被写体の個性を際立たせる場合があります。

 

続いて、重層表現とはです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の就職・転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る