三分割法を使って被写体の位置を考える|構図について


三分割法を使って被写体の位置を考える|構図について

三分割法を使って被写体の位置を考える

芸術家やデザイナー、写真家が昔から使用しているもので、「三分割法」というものがあります。

 

カメラのビュースクリーンを、4本の線で格子状に縦横3等分します。ファインダーを通して場面を見たときに、4個の交点のいずれかに被写体を置きます。この交点は「スイートスポット」とも呼ばれ、そこに被写体を配置することによって画面全体に迫力が生まれます。

 

写真を撮るとき、画面の左右の比重が同じ程度になるようにバランスを考えますが、それは大きさや形、色を左右対称にするという意味ではありません。鮮やかな色は面積が小さくても、淡い色合いの広い部分と十分なつりあいがとれます。被写体をどこの交点に置くべきか、何枚も写真を撮っていくにつれてわかってきます。

 

被写体を画面の真ん中から外した構図がどのような効果を持つかは、雑誌の表紙が参考になります。被写体の頭が画面の右上にある場合、見る人の視線が顔から左や下に向かって動くような構図になっています。

 

続いて、導線を使って奥行きを出すです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の就職・転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る