ポジティブスペースとネガティブスペースとは|構図について


ポジティブスペースとネガティブスペースとは|構図について

ポジティブスペースとネガティブスペースとは

構図を考えるとき、メインとなる被写体と周りの空間のバランスを考えながら写真を撮ると思います。このメインとなる被写体をポジティブスペースといい、周りの空間、被写体の背景にあたる部分をネガティブスペースといいます。

 

ポジティブ、ネガティブといっても、感情的に良い悪いではなく、構図においてメインとなる部分(ポジティブスペース)と二次的・補助的な部分(ネガティブスペース)という意味です。このスペースを考えながら写真を撮ると、被写体が際立って写るようになります。

 

続いて、ものの大きさをわかりやすく撮るです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る