望遠レンズを使って撮影する|カメラで撮影する


望遠レンズを使って撮影する|カメラで撮影する

望遠レンズを使って撮影する

望遠レンズは見るものを拡大して、小さな被写体を画面の主役に引き立てることができます。望遠レンズにも色々種類があり、撮りたいものによって使い分けます。

 

・中望遠レンズ
85mmから130mm(35ミリ・フィルムカメラのレンズに換算)のレンズは、ポートレート撮影に使われることが多い。これらは画角が狭いので被写体の輪郭がシャープに写り、背景はぼけます。ポートレート撮影に理想的なのは、105mmレンズ。

 

・望遠レンズ
135mmから300mmのレンズは、被写体に近づかなくても撮影できるので、結婚式などのイベント、旅行写真にも向いています。

 

・準超望遠レンズ
300mmから400mmのレンズは、風景や野生生物の撮影に向いていますが、三脚が必要なことが多い。

 

・超望遠レンズ
800mmまでのレンズは、プロの写真家が使います。開放絞りF5.6の800mmレンズは、天体撮影にも用いられます。

 

続いて、マクロレンズを使って撮影するです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の就職・転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る