三脚を使って撮影する|カメラで撮影する


三脚を使って撮影する|カメラで撮影する

三脚を使って撮影する

遅いシャッター速度の撮影に三脚は欠かせません。また、焦点距離の長いレンズを動かさずに手で支えるのは難しいです。三脚を使うことで、ブレなどを防ぐ効果があります。

 

例えば、野球場などプロスポーツを撮っているカメラマンが、巨大な超望遠レンズを支えるためにがっしりした三脚を使っているのを見たことがあると思います。三脚があれば、しっかりカメラを固定したまま撮影ができるので、動く被写体を追って滑らかな動きで流し撮りできます。

 

【カメラを固定する方法(例)】

 

・シャッターを切るとき、息を止める。

 

・安定性を増すために、動かないものに寄りかかる。

 

・液晶モニターの「ライブビュー」ではなく、ファインダーを使う。

 

・手や肘に、カメラのストラップをしっかり巻きつける。

 

・固い足場に立ち、ぐらつかない姿勢をとる。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る