フラッシュの正しい使い方|カメラで撮影する


フラッシュの正しい使い方|カメラで撮影する

フラッシュの正しい使い方

フラッシュは自然光と併用でき、確実に照らしてくれます。しかし、フラッシュは誤った使い方をしていることが多く、赤目になった写真や、一部だけが妙に明るく、他が真っ暗になった写真をよく目にします。

 

フラッシュのまぶしい光は、スポットライトのように被写体を照らすので、パパラッチや報道カメラマンが夜間撮影する場合には向いています。しかし、フラッシュを使っているとほとんどわからないくらいが、フラッシュの理想の使い方です。フラッシュの目的と役割は、被写体がより自然に見えるよう最低限の光を加えることです。

 

フラッシュに関してよくある誤解が、光は遠くまで届くという思い込みです。競技場の最上階の席からフラッシュをたいているのを目にすることがあります。多くの人が初期設定のままカメラを使っていたり、デジタルカメラ自体が光が不十分だと感知したため、自動的にフラッシュがたかれたのだと思います。しかし、フラッシュは反射して光が戻らないと意味がありません

 

デジタル一眼レフに搭載されているフラッシュがISO3200という超高速感度に設定されている場合、光は約21m先まで届きます。ISO200前後の感度で撮影する場合、約4.5mから6m程度、光が届きます。

 

カメラに搭載されているフラッシュには、取り外せないという不便さもあります。フラッシュを使う際は、より強力であるだけでなく、さまざまな角度や距離から光を当てられる独立型フラッシュを使うのが理想的です。

 

カメラに搭載されたフラッシュは、友人や家族のスナップを撮る分には十分ですが、光の届く範囲と光量が限られています。カメラのホットシュー(※)に取り付ける外部フラッシュや携帯型フラッシュのほうが光量が多く、機能性は高いです。しかし、撮った写真が自然に見えるよう、外部フラッシュを使いこなすのは至難の業です。とりあえず外部フラッシュをたくさん使ってみるしか、使いこなす方法がありません。
※ホットシュー…フィルムカメラなどの上部に付いている、外部フラッシュを設置するためのパーツのこと。ホットシューがあることによって、強い発光が得られる外部フラッシュをカメラ本体に直接取り付け、カメラ内蔵のフラッシュと同様の感覚で扱うことができる。

 

外部フラッシュを使えば、光を天井や壁、反射板に反射させて、より自然な影の少ない光を演出できます。そのほかにも、フラッシュにディフューザーを取り付けたり、ハンカチやティッシュペーパーをかぶせたりするだけでも、フラッシュの粗い色合いを緩和できます。時間をかけられる撮影であれば、マスターフラッシュ(カメラに装着したストロボ)に同調して発光するスレーブ・ユニット(※)を使うことができます。スレーブ・ユニットを使うことで、2方向から光を当てられます。スレーブは、被写体の髪を背後から照らしたり、人物写真に立体感を加えます。
※スレーブ・ユニット…スレーブ機能のないストロボに装着してスレーブストロボにする。カメラに取り付けたメインストロボの発光を検知して、スレーブユニットに取り付つけたストロボをシンクロ発光させる装置。

 

 

もう一つ、フラッシュの問題点は、フラッシュは正確に被写体に光を当てますが、背景部分には反射しないため、前景が明るく背景が黒っぽく写ります。シャッター速度を落とすと、前景の被写体は主にフラッシュ光による露出となり、背景の細部や色合いは主に環境光による露出となります。

 

続いて、カメラで速い動きを撮影するです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る