カメラで速い動きを撮影する|カメラで撮影する


カメラで速い動きを撮影する|カメラで撮影する

カメラで速い動きを撮影する

鳥や動物、電車など動いているものをカメラで撮るのはとても難しいです。

 

カメラとの距離や方向、レンズの焦点距離によって、動いているものの撮り方が変わってきます。被写体の動きが速いほど、カメラとの距離が近いほど、焦点距離が長いほど、動きを止めるシャッター速度は速くなります。

 

ほとんどの動きは、1/500のシャッター速度で止められます。この速度ならば、ブレや残像を生むこともありません。

 

例)犬を撮るとき

 

・走ってくる犬に十分な光が当たっている場合、カメラに対する動きは最小限なので、シャッター速度は1/500で十分撮れる。

 

・しかし、愛犬が画像を横切るような角度で走っていくなら、1/1000程度に速度を上げる必要がある。

 

・カメラに近い被写体は、遠くの被写体よりも一瞬でフレームを横切るため、光量が許す限り、シャッター速度を1/2000まで上げて撮る必要がある。

 

・適切なシャッター速度が選べない場合は、ISO感度を高くする。800前後の高いISO感度を選ぶと、シャッター速度を上げることができる。ISO感度が高いと、画像の「粒子」がやや粗くなるという欠点はあるが、被写体がブレるよりはいい。

 

被写体が画面のフレームを駆け抜ける場合、シャッタ-を切る前に、被写体の動きに合わせてシャッター速度を調整しておきます。そうすれば、写したい被写体の一部が画面からはみ出ることなく、理想の写真が撮れると思います。

 

続いて、ブレた写真が芸術的作品になるときです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の就職・転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る