(準備中)高血圧と薬


(準備中)高血圧と薬

高血圧と薬

 

 

 

高血圧の治療の基本は生活習慣の改善ですが、血圧が十分に下がらない場合には、降圧薬による治療もあります。
 
降圧薬の種類

カルシウム拮抗薬 血管に直接作用して、血管を拡張させ血圧を下げます。
ARB(エーアールビー) 血圧を上げる生体内物質AⅡの作用を阻害し血圧を下げます。
ACE阻害薬(エース阻害薬) 血液や組織中に存在する血圧を上げる物質の成分を阻害するとともに、血圧を下げる物質の分解も抑えます。
利尿薬 ナトリウムを排出して血液の量を減らし血圧を下げます。
β遮断薬(ベータ遮断薬) 交感神経を作動させるβ受容体を遮断し、主に心臓の拍出量を変えて血圧を下げます。
α遮断薬(アルファー遮断薬) 交感神経を作動させるα受容体を遮断して、血管を拡張し血圧を下げます。

※1日1回服用、1日2~3回服用の薬があります。

 

降圧薬を服用しはじめると薬に頼ってしまい、食事管理や運動がおろそかになりがちです。
降圧薬を服用しても生活習慣の改善は必要です。

 

降圧薬の服用時の注意
・生活習慣の改善を心がける
塩分をひかえると血圧が下がります。→(準備中)高血圧と密接な食事高血圧と密接な体重・ストレス・運動
・毎日きちんと服用する
自己判断で服用をやめては意味がありません。毎日服用することが大切です。
・他の病院を受診したら、降圧薬を服用していることを話す
お医者さんに血圧が高い、降圧薬を服用していることを必ず伝えましょう。体調が悪いのは、血圧が関係しているかもしれません。薬の飲み合わせの問題もあります。
・水かぬるま湯を一口飲んでから服用する

 

多くの高血圧は薬を飲めば良くなるようにみえます。
しかし、薬は必要最小限で適切に使ってほしいと思います。
薬のリスク

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る