脳卒中の予防と対処法


脳卒中の予防と対処法

脳卒中の予防と対処法

【脳卒中を生活習慣で予防する】
飲酒:1日に1合を越えてお酒を飲む人には、脳卒中で死亡する人が多くなります。
たばこ:1日平均40本のたばこを吸う人は、吸わない人に比べて4倍も脳卒中で死亡しやすいです。
運動:運動が不足すると様々な病気を引き起こします。(糖尿病や脂質異常症、高血圧)
肥満:脳卒中の危険因子である高血圧や糖尿病の原因になるため、間接的な危険因子です。
高血圧:血圧が上昇すると脳卒中にかかりやすくなったり、死亡する人が多くなります。
脂質異常症:脳卒中のうち、脳梗塞になりやすいです。
糖尿病:脳卒中で死亡する率が、正常な人の2~3倍になります。
心臓病:心房細動(脈の乱れ)は、心臓の中にできた血のかたまりが出来やすく、脳梗塞の原因となります。

 

 

【脳卒中の治療法】
救命が第一です。(スマホで学べるアプリ(iOS)があります)
まずは、倒れた人の衣服をゆるめて、救急車を呼びましょう。
脳卒中の場合は発作が起きてからできるだけ早く(3時間以内に)、手当をすることがその後の経過に大きく影響します。そのときに適切な治療を行っていれば助かる人でも、時間が経ってからだと同じ治療をしても役に立たないばかりか、悪影響を及ぼすこともあります。

 

 

【脳卒中で倒れた人への対処】
はじめに次のことを確認し、救急車を呼ぶ
1.意識があるかどうかを確認

2.呼吸をしているかどうかを確認
 この際、襟元やベルトなどを緩め呼吸をしやすくする

3.吐いていないかどうかを確認
 この際、吐きそうであれば、横向きに寝かせる(吐いたものがつまらないようにするため)

脳の血圧が上がらないように、なるべく頭は上げたほうが良い
救急隊の人が来たら、発作から今までの様子を伝えること

 

病院では、救急治療を行います。同時に検査をして、本当に脳卒中かどうか、何が原因かを調べます。そして、発作の様子や持病などを踏まえて、治療の方針を決定します。

 

手術の場合や、薬での治療が主です。薬での治療は、血栓を溶かしたり、血液の中の血小板が凝り固まらないようにしたり、血液を固まりにくくする薬(組織プラスミノーゲン・アクチベータ/t-PA)を使います。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら








ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る