精神疾患とは


精神疾患とは

精神疾患とは

精神疾患にはさまざまな定義が存在します。厚生労働省では、主に世界保健機関(WHO)による国際疾病分類第10版(ICD-10)の「精神および行動の障害」に記載されている疾患を対象としています。

 

さらに、福祉サービス等との連携も考慮し、現行の精神障害者保健福祉手帳1の対象となっている「てんかん」も対象としています。

 

また、近年患者数が増加している「うつ病」と「認知症」、さらに、精神科救急や緩和ケアなど精神医療が関わる分野についても、考慮し医療体制の構築を行っています。

 

精神疾患は、症状が多彩にもかかわらず自覚しにくいという特徴があるため、症状が比較的軽いうちには精神科医を受診せず、症状が重くなり入院治療が必要になって初めて精神科医を受診する場合が少なくないです。

 

また、重症化してから入院すると、治療が困難になるなど、長期の入院が必要となってしまう場合もあります。しかしながら、精神医学の進歩によって、発症してからできるだけ早期に必要な精神科医療が提供されれば、回復又は寛解し、再び地域生活や社会生活を営むことができるようになってきています。

 

精神疾患に罹患しても、より多くの方がそれを克服し、地域や社会で生活できるようにするため、患者やその家族等に対して、精神科医療機関や関係機関が連携しながら、必要な精神科医療が提供される体制を構築する必要があります。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の就職・転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る