急性心筋梗塞の症状と治療と原因|急性心筋梗塞とは


急性心筋梗塞の症状と治療と原因|急性心筋梗塞とは

急性心筋梗塞の症状と治療と原因|急性心筋梗塞とは

人間の心臓の周りには、心臓自身へ酸素等を運ぶ役割をする血管、冠動脈が流れています。冠動脈が詰まって血流が途絶えると、心臓の組織の一部が壊れて死んでしまいます。その状態を「心筋梗塞」といい、ほとんどの場合、突然の激しい胸の痛みとともに発症します。胸の中央部が痛むことが多いですが、胸全体、みぞおちの部分、左肩や左腕、首や顎、右肩などに痛みがひびくことも多いようです。

 

 

今まで味わったことのないような強い痛みで、速効性硝酸薬はほとんど効かず、死の恐怖感や不安をともないます。30分から数時間、ときには、数日にわたって断続的に痛むこともあります。安静にしている時や就寝中、日常の軽い動作のときに起こりやすいと言われています。

 

 

【心筋梗塞の治療】
治療の目的は、詰まってしまった冠動脈に再度、十分な血液が流れるようにすることです。治療の種類は、大きく分けて「内科的療法」と、「外科的療法」があります。症状が軽い場合や高齢の患者さんに対しては、内科的治療が中心となります。

 

内科的治療
「血栓溶解療法」:カテーテルを使って詰まっている部分に直接薬を注入します。
「風船療法」:先端に風船をつけて血管をひろげます。
「ステント法」:ステントという網状の器具を冠動脈に送り込みます。

 

外科的治療
「冠動脈バイパス手術」といって、胸を開いて、詰まった冠動脈に迂回路(バイパス)をつくる治療があります。カテーテルを入れにくい部分が詰まっているとか、何か所も詰まっているなど、症状が重く、比較的若くて体力がある患者さんに行われます。バイパス用の血管には、胸の内側の動脈や、胃の動脈、太ももの静脈などが用いられます。

 

 

【心筋梗塞の原因】
冠動脈に負担がかかる要因として4つの原因が危険視されています。予防をするためには、血圧、脂質、血糖値の治療と禁煙が大切です。

 

高血圧
脂質異常
糖尿病
禁煙

 

また、心筋梗塞を起こしやすい人のタイプに「A型人間」や「A行動」と呼ばれるものがあります。仕事熱心、負けず嫌い、せっかち、支配欲や成功への欲求が強い、気性が激しく、思いどおりにならないとイライラする、自信家などがA型人間の特徴です。

 

こういう性格の人は、いつも緊張や強いストレスにさらされることが多く、酒やたばこも増えがちです。そして、ストレス解消のために、遊んだりゆっくりしたりする時間ももったいないと考えがちです。私も、以前はA型人間でした。しかし、現在は違います。薬学だけでなく、色々な知識を身につけていくにつれて多くのことに感謝し、幸せだと感じられるようになりました。

 

ストレスを溜めないことは、簡単ではありません。お風呂にのんびり入る、趣味の時間を持つ、週末はゆったり休養してはどうでしょうか。また、健康のための運動として、ウォーキングのような軽い運動を、競争せず、無理せず行うこともオススメです。

 

 

【急性心筋梗塞の数】
日本では、年間42,107人の方が急性心筋梗塞で死亡しています。平成24年の1年間における死亡数は1,256,359人でした。このうち、心疾患(高血圧症を除く)による死亡数は198,836人であり、死因順位の第2位でした。

 

この心疾患全体の21.1%は急性心筋梗塞であり、男性23,406人、女性18,701人の計42,107人です。平成24年の1年間における交通事故による死亡数は6,414人でした。身近にある代表的な危険として交通事故がありますが、その死亡数よりもはるかに多いことが示されています。

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の就職・転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る