(準備中)脂質異常症と薬


(準備中)脂質異常症と薬

脂質異常症と薬

 

 

 

薬を飲み始める条件
どうしても生活習慣が改善できない人や、生活習慣を改善しても血中脂質の数字が高いまま下がらないときには、
動脈硬化、さらに心筋梗塞や脳梗塞へと進む危険性がどんどん高くなるので、薬による治療を行います。
(家族性高コレステロール血症の場合には、いきなり薬物療法からはじめます。)

 

一般の脂質異常症の場合は、食事療法を3~6カ月ぐらい続けてもコレステロール値や
中性脂肪値が下がらない場合に、薬物療法に入ります。
薬物療法を始めるかどうかの判断は、症状や今までの治療の実践程度によって、医師が行います。
薬がイヤだと思っても、医師から「薬を始めましょう」といわれたら素直に飲み始めましょう。
厚生労働省のHPに、このようには書いています。しかし、薬は納得して飲むべきです。

 

生活習慣の改善や食事療法、運動療法等を行うことの効果は、
コレステロールの合成や処理のシステムを調節し、正しい状態に戻そうというものです。
これらによって、薬を減らすことが出来るかもしれません。

 

●脂質異常症の治療薬
おもな働き
HMG-CoA還元酵素阻害薬      肝臓でLDL-コレステロールが合成されるのを抑える
プロブコール                コレステロールが酸化し、血管に付着するのを防ぐ
陰イオン交換樹脂            腸の中でコレステロールと胆汁酸の吸収を抑える
ニコチン酸誘導体            脂肪酸が集まって中性脂肪になるのを防ぐ
フィブラート系薬             中性脂肪の合成を抑制する
イコサペント酸エチル          血小板の働きを抑制して固まるのを防ぐ

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る