当サイト「ふぉとふぁ」の目的


当サイト「ふぉとふぁ」の目的

当サイト「ふぉとふぁ」の目的

当サイトは、「まちの薬局」と「癒しの写真」の部門で構成されています。

 

「まちの薬局」は薬剤師による医薬情報発信しており、「癒しの写真」は人々が笑顔になるような写真を提供しています。人々の人生をより美しくするために、「医療」と「写真」によって、「癒し」を提供しています。

 

国民は医療の知識をつける努力義務がある

医療法 第6条の2の3  
国民は、良質かつ適切な医療の効率的な提供に資するよう、医療提供施設相互間の機能の分担及び業務の連携の重要性についての理解を深め、医療提供施設の機能に応じ、医療に関する選択を適切に行い、医療を適切に受けるよう努めなければならない。

 

医薬品医療機器等法 国民の役割 第1条の6
国民は、医薬品等を適正に使用するとともに、これらの有効性及び安全性に関する知識と理解を深めるよう努めなければならない。

国民は適切な医療を受けるように、医薬品等の知識理解を深めるように努めなければなりません。つまり、医療は医師が決めるものでも、薬剤師が決めるものでもなく、自身で決めることなのです。そして、適切な知識をつけることは、「医療による癒し」につながります。

 

医療の知識は「癒し」につながる
薬剤師が、その専門知識を一般の方に向けて発信しています。専門知識には、薬の知識だけでなく、医療や健康の有益な情報が含まれます。人生の目的は、お金を稼ぐことでも、夢を叶えることでもありません。「人の役に立つこと、人を幸せにすること」で、自分自身の人生も生きがいのあふれる、素晴らしいものになります。

 

当サイトでもアクセスの多い「ポリファーマシー」を紹介します。ポリファーマシーとは、「必要以上に薬を飲んでいて、薬による有害事象が起こっている状態」をさします。当サイトの情報によって、不必要な薬を減らし、体調が回復した事例もあります。

 

また、「かぜ気味だから病院へ行く」のではなく、熱が39℃以上や鼻水が黄色だったからなど、本当に必要なときに病院へ行くことが大切です。このように、適切に判断ができれば、時間とお金を有効利用することができます。時間お金は大切です。関連:風邪薬は本当に必要か?

 

自分自身が不健康で不幸せだと、人を幸せにすることはできません。まずは、自身の健康や幸せを追求しましょう。その後、当サイトで習得した知識を、周りにいる大切な人のために活かしてください。

 

この循環が、人生に癒しを、人生を美しくすることにつながります。

 

写真は多くの人々に「癒し」を与える

デジカメやスマートフォンなど、写真は身近な存在になりました。しかし、「暇で何も考えていないときに、写真を撮る人」はいません。実は、写真を撮るとき、人は何かしらの「想い」をもって撮影しているのです。

 

美味しそうな料理、キレイな景色、大切な人との記念など、大切な思い出を記録しています。日々、がむしゃらに走っていたり、何も考えていないと「つまらない人生」になってしまいます。

 

花を見て、キレイだと思うと写真を撮るでしょう。ここで考えていただきたいことがあります。実は、そのキレイな花は、さまざまな自然の脅威から逃れ、やっとの思いで咲いています。

 

たくさんの人が、何ヶ月もの時間を費やし、水や肥料を与え、害虫や天候から守り育てているのです。そんなことを考えながら、自然を感じ、写真を撮ってみてはどうでしょうか。
(写真の撮り方は、近々配信予定です)

 

現代では、撮った写真をSNSに簡単にアップでき、人に見てもらうことができます。そして、撮った写真が、多くの人に「癒し」を与えることもあります。

 

当サイトでは、飾りたくなるような「癒しの写真」を提供しています。​ご覧いただけると幸いです。

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る