アドラー心理学|どんな人でも全てのことで完璧な人はいない


アドラー心理学|どんな人でも全てのことで完璧な人はいない

劣等感

人はもともと「優れた自分になりたい」という目的を持っています。その理想状態(プラス)からみれば、今の自分は必ず劣った存在(マイナス)です。それを「劣等感」として感じます。そして、より優れた自分になるために努力します。

 

「劣等感」を抱くのは普通のことで、どんな人でもすべての領域でパーフェクトな人はいません。誰でもどこかで自分の足りなさを感じています。

 

人が進歩するのは劣等感を克服しようと思うからです。しかし、いつも戦ってばかりいたら疲れてしまいます。現実は過酷なこともあるので、たまにはサボることも必要です。

 

手段は必ずしも適切じゃなくても、みんな自分の劣等感を乗り越えて「自分はすごい!」と自分で自分を認めたいのです。もちろん、自分になにが足りないと思うのかは、個人によって違います。

 

劣等感という感情にこだわり、いろいろな理屈をつけ、自分の中で「実体化」してしまうと「劣等コンプレックス」になります。

 

劣等感の捉え方が鍵です。

 

一つめは「優劣への努力」。もし、「私はあの人にはかなわない。悔しい」というような競争心や嫉妬を感じて、それを克服すべく努力するのであれば、それは個人的な利益のために「優越への努力」をしています。他人より優れようとする個人的利益の追求なので、他者と敵対する原因になります。失敗は自分自身の敗北を意味するのです。

 

二つめは「完全への努力」。もし、「この人に自分が役立てるとしたら何ができるだろうか」と考えて努力するなら、自分を含む何らかの共同体のために「完全への努力」をしています。他者と一体になって努力しているという感覚を生みます。失敗は努力のワンステップで、勇気を持って挑戦した証になります。

 

続いて、人の数だけライフスタイルの数があるです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る