アドラー心理学|ライフスタイルを分析する


アドラー心理学|ライフスタイルを分析する

ライフスタイルのパターン

ライフスタイルの分類は、「何が一番大切か考え、最終的に何を目指しているか(=最優先目標)」を基準に考えます。

 

まず、横軸に「受動態←→能動態」を取り、ある目標を自分から動いて能動的に達成したいのか、それとも人を動かして受動的に達成したいのかを考えます。次に、縦軸には「対人関係優先←→課題解決優先」を取り、対人関係が優先なのか、それとも課題解決が優先なのか考えます。

 

課題解決優先で受動的A:「安楽でいたい」
対人関係優先で受動的なB:「好かれたい」
対人関係優先で能動的なC:「リーダーでいたい」
課題解決優先で能動的なD:「優秀でありたい」

 

A:「安楽でいたい」が最優先目標なので、苦労するのが苦手。ただし、努力しないわけではなく、面倒なことになりそうだと察知するとそれを避けるための努力をする。
面倒を避けるために努力する
○ 気楽で周囲を和ませる(ほっとさせられることが多い。「天然」扱いされることも)
× マイペースで成長が遅い(鷹揚な雰囲気でイライラさせられる人もいる)

 

B:「好かれたい」が最優先目標なので、一人から嫌われると落ち込む。周りの人に好かれるために気を遣ったり、一生懸命にサービスしたりする。
好かれるために努力する
○ みんなと仲良くなろうとし、敵を作らない(あからさまな絶対行動を取ることがない)
× 嫌われないように周囲に合わせて行動しがち(考えがないように見え、「信用できない」と評価されることも)

 

C:「リーダーでいたい」が最優先目標なので、周りの人をコントロールして、自分が主導権を握るために努力する。
主導権を握るために努力する
○ 頼りがいがある(みんなをまとめて引っぱっていける)
× 頑固で融通が利かない(仕切り屋に見えるため、周りは反発を感じやすい)

 

D:「優秀でありたい」が最優先目標なので、一人で自分の技量を高めようと努力する。周りの人には影響されないし、周りに合わせない
自分で決めたことに努力する
○ 「やろう」と決めれば何でもできる(自分が決めたものならとことん努力する)
× 一人で問題を背負い込みがち

 

おおまかに分けると、以上の4つのパターンに分けられます。

 

続いて、人生の課題(仕事、交友、愛)です。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら








ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る