7つの習慣|Win-Winを考える


7つの習慣|Win-Winを考える

【第4の習慣】Win-Winを考える

「自分も勝ち、相手も勝つ」という双方にプラスとなる関係が「Win-Winです。自分のWinを求めて、相手に対し誠実に気持ちを伝える「勇気」相手にWinを与える「思いやり」が大切です。Win-Winが難しい場合、No Deal(取引しない)という選択肢もあります。

 

「Win-Win」とは、誰かとやり取りをする際に、お互いの利益になる結果を見つけ出そうとする姿勢や考え方です。例えば、学校の評価(通知表など)は競争になることが多いですが、個人のテストの点数(成績)を直接評価するのではなく、クラス全体の平均点を評価に反映することが「Win-Winの考え」です。

 

クラス全体の平均点を上げるために、個人としても成績を伸ばそうとしますし、得意なところは、苦手な子に教えるなどの「良い循環」も生まれるはずです。

 

「勝者がいれば、敗者もいる」と考えるのは間違いです。すべての人が満足できることは可能です。幸せの量は一定ではなく、新しくつくり出せます

 

「Win-Winの関係」とは、ルールや仕組みのことではありません。素晴らしい「人格」から始まる交流なら、高い信頼にもとづく「関係」を構築できます。その信頼が重要です。

 

Win-Winという考え方を身につけるために必要なこと(人格)

人格 理由
誠実 誠実な人は、価値観がぶれません。そして、主体的に行動することができます。
成熟 成熟した人は、おもいやりと勇気を発揮できます。
豊かさマインド 人の成功を妬まず、心から「おめでとう」ということができます。

 

人間関係を充実させ、人と接するうえで大切なことです。

  • 相手の価値観や重視しているものを本当に理解しようとする。
  • 小さな思いやりや礼儀を大切にする。
  • 約束を守る。
  • お互いの期待を明確にし、誤解をうまないようにする。
  • 誠実さを言動で示す。
  • あやまちは心から謝る。

 

続いて、第5の習慣・まず理解に徹し、そして理解されるです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る