PDCA|分析する(CHECK・評価)


PDCA|分析する(CHECK・評価)

CHECK(評価)

成長するには、視野を広く持たなければいけません。自分の中だけで物事を考えていたら小さな人間になってしまいます。他社と自分を比べて、足りない部分を確認したり、自分の目標を設定します。これをベンチマーキングといいます。自分と違う業種でも、優れている取り組みは積極的に取り入れましょう。多面的にベンチマーキングすると、「PLAN」と「DO」を厳しくみることが出来ます。

 

ただ実行した結果に対して、とってつけたような解決策を並べるのは意味がありません。解決させるには、本質から変えなければいけません。最優先で事前の一策に注力します。

 

誰かの考えに反対するときは、必ず「代案」を出します。誰かの考えに反対だけするのは、「CHECK」ではなく「評論家」です。企業に必要なのは、評論家ではありません。「自分の上司ならどう考えるか」という二段階上で物事を考えましょう。

 

CHECKの際には、「現地・現物・現実」を重視します。何が起きているのか確認しなければ、正しい評価は出来ません。噂話はあてにならないので、必ず自分の目で確かめます。データも大事ですが、最後は必ず現地に行き、現物を見て、現実を知ることが大切です。上司から言われた通り行動するのではなく、現場の知恵を加えて改善していきます。

 

何かを計画して実行すると、必ずトラブルが起きます。そんな時は「なぜ」をぶつけていって、トラブルの根本原因を探します。「運が悪かった」「相性が悪かった」など自分勝手な解釈をしないようにしましょう。事実をありのままに、頭を白紙にしてトラブルに対して「なぜ」をぶつけます。もし、計画がうまくいった場合でも「なぜ」をぶつけることで、成功のプロセスが明確化になり、次につながります。

 

続いて、ACTION(改善)です。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る