聞く姿勢を見直す|雑談力


聞く姿勢を見直す|雑談力

相手の話を聞く姿勢を変える

相手の言葉を繰り返すだけで話を聞いているアピールができます。話し手は、聞き手に話を整理されることで、自分の力で問題解決を図れるので、これを雑談にも応用します。相手が話を終えたら、「それはつまり…」と相手の話した内容を自分の言葉で伝えます。そうすると、相手は自分の話を聞いてくれていると好意的な印象を持ちます。この時に自分の意見をはさむと相手は気分を害してしまうので、相手の気持ちを汲み取った表情をしたりして、相手の話の内容を自分の言葉で伝えるだけにしましょう。

 

 

あいづちと仕草に変化をつければもっと印象が良くなります。

 

▶「うなずく」「表情をつくる」
あいづちに欠かせないのが、うなずく仕草です。相手の会話に合わせてうなずきましょう。また、驚いたり楽しげにしたり、相手の話に合わせた表情もあいづちと同じ効果になります。

 

▶内容によってタイミングを変える
あいづちやうなずく仕草にはテンポが必要ですが、相手の会話だけでなく、話の内容にも合わせる必要があります。真面目な話の時のあいづちはゆっくり重々しくします。

 

 

せっかく話を振ってもらったのに、「そうなんですか~」とあいづちを打っているだけでは話は広がりません。相手の話からとっかかりを見つけて、さらに話を広げましょう。

 

例えば、
相手「明日晴れるみたいですよ。」
あなた「最近ずっと雨でしたよね。最後に晴れたのいつでしたっけ?」
これも会話を続ければ、立派な会話のキャッチボールになります。

 

 

話す場合も聞く場合も、相手に対する心のあり方が態度や姿勢に表れてしまいます。正しい姿勢で、心を込めた態度をとりましょう。

 

▶背筋をすっと伸ばして、あごを引きます。堂々とした印象を与えることで、相手はあなたに信頼感を抱きます。

 

▶目線は相手に定めましょう。そうすることで、「今はあなたに話をしています」という意思表示になります。

 

▶真剣な話の時は、手の位置を落ち着かせるなど、気を配りましょう。

 

▶足をフラフラさせないようにします。上体までフラフラしてだらしない印象になります。

 

▶服装にも気を付けて、TPOをわきまえた服装にしましょう。

 

▶変なくせがあると相手が不快に感じてしまいます。身近な人に指摘してもらって改善しましょう。

 

続いて、相手の話を要約するです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る