お薬手帳が不要なみなさまへ


お薬手帳が不要なみなさまへ

お薬手帳が不要なみなさまへ

「薬局に行くと必ずお薬手帳を勧めらる。うっとうしい。」
「お薬手帳を持ち歩くなんて、面倒だ。すぐに無くすのに。」

 

はじめは、このような意見をよく耳にします。そして、マスメディアによる「お薬手帳を断れば薬代が安くなる」という報道も加わり、お薬手帳の評判は決して良いものではありません。

 

しかし、患者さんと話をしたあとは、「お薬手帳があってよかった」「なるほど、それならお薬手帳を持ち歩くよ」という肯定的な意見をもらえることが多いように感じます。

 

お薬手帳には、このような情報を書くことができます。

  • 食事や薬でのアレルギーや副作用の履歴
  • 今までどのような薬を使ってきたかという歴史
  • 一般用医薬品(市販薬)や健康食品の使用状況
  • 電話番号や住所など連絡先

 

病院を受診するときには、医師にこれらの情報を確認してもらうことでより良い医療(診察)を受けることができます。さらに、薬局で薬剤師が確認することで、薬の飲み合わせや、似たような薬(不要な薬)が出ていないか、ほかの治療への悪影響はないかなどの確認を受けることができます。

お薬手帳とその責任

薬局の薬剤師は、薬をお渡し(調剤)する際、薬歴(病院でのカルテのようなもの)によって、患者さんのアレルギーや副作用歴、一緒に飲んでいる薬(併用薬)、薬の使用歴などを確認し、患者さんに薬を渡しても問題ないか確認をしています。

 

薬局を初めて利用するなど、薬歴がない(履歴が少ない)場合には、お薬手帳によって患者さんの状況の確認を行います。万が一、これらの確認に漏れがあり、患者さんに健康被害があった場合には、薬剤師は医師と同様に責任を負います。

 

しかし、これらの情報が確認できない場合は、大きな副作用が起こったとしても、責任を負うことができません。つまり、薬局や薬剤師にお薬手帳を見せること(情報を伝えること)は、医療者に責任を負わせることなのです。医師や薬剤師が提供する「医療」とは、非常に価値の高い「健康」を対象としているのです。

お薬手帳のメリット

医療者は、お薬手帳に書いてあることから様々な情報を読みとります。目薬が処方されていた場合、目薬と他の薬の飲み合わせを確認するだけでなく、「眼科に行っている」(他の病院に行っている)という事実が判ります。そこから、糖尿病の方であれば眼底検査をしているであろうことや、眼圧の高くなる緑内障という病気はないであろうことなどを考えます。

 

薬剤師は、お薬手帳に書かれた情報を確認し、患者さんの健康被害(副作用など)を回避するために、医師に対して処方の提案をすることもあります。例えば、「頭痛でA病院にかかりました」が、実は「B病院から出された薬が頭痛の原因だった」という事例が考えられますが、このような事例は珍しくありません。

 

震災など大規模災害の際、医療機関の電子データが使えなくなる可能性が高いです。この場合には、今まで使っていた薬について、誰も分からない状況に陥ってしまいます。しかし、お薬手帳があれば、今まで飲んでいたお薬を証明しすることができるため、緊急時にも、薬をもらえる可能性が格段に上がります。

 

また、救急車で運ばれた場合には、0から診察ではなく、疾患を考慮して治療を迅速に行うことができます。つまり、一刻を争う緊急時に「命を救ってもらうために」非常に重要なものなのです。

お薬手帳を断らないという節約術

2015年、マスメディアが「お薬手帳を断れば薬代が安くなる」と報道しました。その当時、「お薬手帳を拒否すれば、0から30円程度の薬代が安くなる」という報道は、嘘ではありませんでした。しかし、数十円高くなったとしても、目先の支払いにだまされると、最終的に大きな損失が待っているかもしれません。

 

このような報道の影響か、2016年4月以降、お薬手帳を使用するほうが医療費が安くなります。しかし、値段だけではなく、お薬手帳本来の意味を、本来の活用方法をしっかり学ぶことが大切です。

 

他の病院から似た効果の薬が出ていた場合、一方の薬を中止することで何千円、何万円と薬代を安くできます。そして、不要な薬を飲まないことは、副作用などの健康被害から身を守ることにもつながります。

 

「今はひとつの病院しかかかっていないから・・・」という方が多いですが、病気というものは、なりたくてなる人はいません。急にお腹が痛くなったり、転んで歯が欠けたりしてしまうのです。いざという時に備えることが、長期的にみた「節約術」ではないでしょうか。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る