高齢者の安全な薬物療法ガイドライン|ポリファーマシー解決法


高齢者の安全な薬物療法ガイドライン|ポリファーマシー解決法

高齢者の安全な薬物療法ガイドライン|ポリファーマシー解決法

ポリファーマシーとは、明確な基準はありませんが、「必要以上に薬をのんでいる状態」をさします。近年、ポリファーマシーによる有害事象飲み間違いなどが社会的な問題となっています。このポリファーマシーを解消するために、「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン」が用いられます。

高齢者の安全な薬物療法ガイドライン

高齢者薬物療法の安全性を高める目的で、日本老年医学会が作成したガイドラインです。高齢者の処方適正化スクリーニングツールとして、「特に慎重な投与を要する薬物」のリスト、「開始を考慮するべき薬物」のリストが公開されています。

 

 

以下、「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」を参考に作成しました。

「特に慎重な投与を要する薬物のリスト」の対象 循環器疾患
なぜ高齢者に薬物有害事象が多いのか 呼吸器疾患
高齢者の服薬管理とその支援 腎不全(CKD)
認知症周辺症状(BPSD) 消化器系疾患
高齢者の不眠症 排尿障害(過活動膀胱)
高齢者のうつ病 薬剤師の役割
認知症の中核症状  

 

 

参考:日本老年医学会
高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015
(Amazonにリンク)
より詳しい情報知りたい方は、書籍の購入をオススメします。

関連ページと参考図書

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る