高齢者と薬|「特に慎重な投与を要する薬物のリスト」の対象


高齢者と薬|「特に慎重な投与を要する薬物のリスト」の対象

「特に慎重な投与を要する薬物のリスト」の対象

一般的に、65歳以上の方を高齢者といいます。その中でも、65歳から74歳までを「前期高齢者」75歳以上を「後期高齢者」といいます。

 

「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」において
「特に慎重な投与を要する薬物のリスト」の対象は、次のような高齢者をさします。

 

①75歳以上の高齢者
②フレイル状態の高齢者
③要介護状態の高齢者

 

フレイル(虚弱)とは、
加齢に伴い身体の予備能力が低下し、健康障害を起こしやすくなった状態をさします。身体的問題、精神・心理的問題、社会的問題を抱えた「介護が必要となる前段階」と考えられています。

  • 身体的問題:筋力が低下する、動作が緩慢になる、転倒しやすくなる、低栄養など
  • 精神・心理的問題:認知機能障害やうつなど
  • 社会的問題:独居や経済的困窮など

 

留意点

さらに、慢性期、特に1ヶ月以上の長期投与を基本的な対象としています。病気の急性期から亜急性期は、専門治療が必要な場合が多く、薬物療法は「個々の患者に合わせて」行うことが多いためです。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る