ドラッグストアで薬剤師として就職する|薬剤師の転職


ドラッグストアで薬剤師として就職する|薬剤師の転職

ドラッグストアで薬剤師として就職する

ドラッグストアは保険薬局と並んで、求人が多いです。

 

ドラッグストアでは、一般用医薬品(市販薬)の販売や薬の説明、レジ打ちの接客など、幅広く仕事をします。お客さんの症状を聞き、ニーズにあった薬を提案するという業務もあります。

 

普段からお店で扱う薬の効能効果、用法用量を把握した上で、いつでもお客さんの相談に応じれるようにしなければなりません。サプリメントや健康食品なども扱うため、薬以外の知識も必要になります。

 

また、調剤室併設のドラッグストアの場合は保険薬局と同じく、「調剤業務」、「服薬指導」、「薬歴管理」を行います。

 

早い段階でマネージャー職や店長を任されるケースも多いです。

 

ドラッグストアは店舗が多いため、希望のエリアでの職場が探しやすいです。しかし、土日祝日も営業しているため、土日祝日が休めないこともあります。ドラッグストアによっては、平日だけの勤務のところがあったり、勤務形態が様々なので、求人をしっかり確認しましょう。

 

給料だけを見ると、保険薬局よりもドラッグストアの方が良い傾向にあります。ドラッグストアは大手企業が多いため、教育制度や福利厚生も充実しています。

 

しかし、ドラッグストアは、薬のことだけではなく、日用品のレジ打ちなどの接客や品出し、雑用などたくさん仕事があるので、給料だけではなくその辺も考慮しましょう。

おすすめの転職サイト

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る