病院で薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職


病院で薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職

病院で薬剤師として就職する

病院には急性期病院と慢性期病院の2種類あります。

 

急性期病院は、症状の移り変わりが多い患者さんが入院している病院です。毎日、患者さんの薬が変わったりするので、薬の知識が必要です。その分忙しいのですが、やりがいがあります。エネルギーに満ち溢れているやる気のある人に向いています。

 

慢性期病院は、ある程度症状が落ち着いた患者さんが長期入院している病院です。処方せんがあまり変わることが少ないので、バタバタせず落ち着いて仕事に取り組めます。

 

病院という医療の現場で働くため、最新の知識を身に付けることができ、病院内や製薬企業が主催する勉強会などに参加する事も多く、自身の医療知識向上の機会が多いです。その分、日々勉強しなければなりません。

 

▶病院薬剤師とコミュニケーション能力
病院薬剤師は、医師、看護師など他の医療従事者とチームで医療に携わり、患者さんとの距離が近いため、やりがいを感じやすいです。患者さんだけでなく、医師や看護師とも非常に近いため、コミュニケーションスキルが必要です。薬剤師の少ない病院だと、一人の薬剤師にかかる責任も大きくなります。キャリアアップとして、薬局長のポジションがあります。

 

▶病院薬剤師の採用内容
大病院は新卒しか採らないところも多く、転職は30歳を超えると困難です。しかし、中小規模の病院であれば、転職可能な場合が多いようです。

 

薬剤師の他の職種と比較すると、給料が低い場合があります。初任給は他の薬剤師の職種と比べると低いので、給料の多さではなく「薬剤師として医療現場で働けることに情熱と誇りを持てる人」が向いています。

 

当直がある場合も多く、その場合は生活が不規則になったり、病院によっては休みが不規則(土日休みではない)な場合もあります。

 

病院薬剤師の求人は、基本的に欠員を補うために求人募集をする病院が多いです。いつ欠員が出るかはわからなので、まずは転職サイトに登録しておくことをお勧めします。病院薬剤師は、他の薬剤師の職種と比べると求人の競争率が高く、新卒に人気の職種でもあります。

おすすめの転職・就職サイト

▶ご利用満足度3年連続No.1

 

▶「あなた」の希望を叶える好条件求人を幅広くラインナップ

 

▶8万件以上の求人件数を誇る国内最大級の薬剤師専門の求人サイト

 

▶求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート

 

▶薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応

関連ページ

▶まず初めに読んでほしいこと、知っておいてほしいこと
薬剤師が就職・転職活動を始める|薬剤師の就職・転職
薬剤師の企業の選び方|薬剤師の就職・転職
もう一度退職理由を考えてみる|薬剤師の就職・転職
薬剤師の年収の話|薬剤師の就職・転職
薬剤師の適正年収の決まり方|薬剤師の就職・転職
薬剤師の高額求人の罠|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職・転職で失敗しないために|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職・転職で失敗する人の共通点|薬剤師の就職・転職

 

▶薬剤師の主な勤務先とは
保険薬局で薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
病院で薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
ドラッグストアで薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
製薬会社で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職
大学で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職
政府で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職

 

▶退職するとき
上司に退職を伝える方法|薬剤師の就職・転職
強い意志を持って退職を伝える|薬剤師の就職・転職

 

▶履歴書・面接のいろは
薬剤師の良い履歴書の書き方|薬剤師の就職・転職
転職が多い場合の履歴書の書き方|薬剤師の就職・転職
薬剤師が就職面接に行くときに必要なもの|薬剤師の就職・転職
面接時、転職コンサルタントに同行してもらう|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職面接で聞かれること|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職面接に行く前に|薬剤師の就職・転職
不採用になる薬剤師の特徴|薬剤師の就職・転職

 

都道府県別から希望の求人を探す

 

薬剤師の就職・転職・スキルアップ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る