薬剤師の就職面接で聞かれること|薬剤師の就職・転職


薬剤師の就職面接で聞かれること|薬剤師の就職・転職

薬剤師の就職面接で聞かれること

面接で聞かれることはある程度決まっています。そのため、あらかじめ自分の言葉で質問に答えれるようにしとかなければいけません。

 

▶あなたの自己PRをして下さい(経歴を教えてください)
これまでの経験を通してあなたの長所は何か、また薬剤師としてどのように貢献できるかをアピールしなければいけません。「初めはマイナスからのスタートだったが、自分がこう改善することによって今ではプラスになった」という感じの自己PRを考えます。良いことばかりを話すのは単なる自慢話です。

 

▶同じ規模で近くにも薬局があるのに、なぜ弊社に応募したのですか?
経営者であれば、当然気になります。他の薬局ではなく、なぜその薬局を志望したのか理由があるはずです。薬局のホームページなどで、事前に調べておくようにしましょう。また、事前にコンサルタントから薬局の情報を仕入れておきましょう。

 

▶転職理由(退職理由)は何ですか?
現在、他の職場で働いているのであれば「転職理由」、結婚、出産などで復職するのであれば「復職理由」を答えなければいけません。この時、前職のマイナス面を言ってはいけません。「給料が低い」、「人間関係が悪かった」などは、自分の中にしまっときましょう。マイナス面を強調する人の話は、面接官に「この人はこれから働こうとする私の会社に対してもマイナス面しか見ないのでは」と感じてしまいます。そのため、面接官が納得できるような前向きの転職理由を考えておきましょう

 

▶なぜ薬剤師になろうと思ったのですか(薬剤師で心がけていること)?
「なぜ薬剤師になろうと思ったのか」という質問もよく聞かれます。薬剤師国家試験に合格するためには、黒本や青本など、分厚い参考書何冊分もの勉強をした上で試験に臨み、合格しなければいけません。ただ何となくではなく、薬剤師になろうとした理由が必ずあると思います。この思いを自分の言葉で語れるようにしておきます。

 

▶最後に質問は無いですか?
履歴書や職務経歴書からあなたという人物を見て、「周りの人と協力しながら仕事が出来るか」、「長く勤務してくれるか」などを面接官は探っていきます。その上で、これらの質問が終わると今度はあなたが採用担当者に質問をする番になります。面接の終わりに「最後に何か聞きたいことや質問はありますか?」と必ず聞かれるはずです。この時に、年収や休みなどの条件を聞いても大丈夫です。ただし、中には「聞きたいことはありません」、「……(長い沈黙)」と、答えることができない方がいます。これを避けるために、きちんと事前準備や調査をした上で「面接の最後にどのような質問をしようか」と考えておく必要があります

 

面接で聞かれる質問にきちんと答えれるように準備が必要です。不安な場合は、転職コンサルタントに面接対策をお願いしましょう。アドバイスを貰いながら、良い状態で面接に挑みましょう。

 

続いて、面接に行く前に

おすすめの転職・就職サイト

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る