薬剤師の就職面接に行く前に最終確認をする|薬剤師の転職


薬剤師の就職面接に行く前に最終確認をする|薬剤師の転職

薬剤師の就職面接に行く前に最終確認をする最終確認をする

転職しやすい薬剤師でも面接で落ちることがあります

 

薬剤師は専門職であるため、一般的な転職よりは面接で落ちる確率は高くありません。しかし、近年、薬剤師の数も増え競争率が高くなりつつあります。つまり、面接で落ちる場合があるため、「どのような面接で落ちるのか」、「面接でのポイントは何か」などをおさえておく必要があります

 

 

▶面接前のチェック項目
面接官はあなたの履歴書や職務経歴書に目を通しているため、あなたの職歴や経験はすでにわかっています。面接では、書類ではわからない「あなたの人間性」を見ます

 

特に面接では「第一印象が重要」といわれているため、面接を行う前に以下のような事をチェックして面接に望むようにしましょう。

 

・入室時にノックをしたか
・履歴書は片手ではなく、両手で渡したか
・自分が話をする時、相手の目を見て話をしているか
・相手の話を聞くとき、背筋を伸ばすなど正しい姿勢を取れていたか
・相手の話を聞くとき、相槌を打てているか
・相手の質問に対して、的確に答えることができているか
・退職理由や志望動機に矛盾がないか

 

このように、新卒採用の時に行った面接と同じように、注意すべきポイントがいくつもあります。

 

あなたが理想だと思う企業を見つけることができても、その企業に受け入れてもらえなければ意味がありません。しかも面接は一回勝負です。そのため、このたった一度の面接にミスをすれば振り出しに戻ってしまいます

 

声のトーンや顔の表情なども大切です。いくら自分の想いを伝えても、声のトーンが低すぎたり暗い表情だと、全然気持ちが伝わりません。ここを変えるだけでも、あなたの印象がかなり良くなります。

 

面接では誰もが緊張します。普段の癖が出てしまったり、つい貧乏ゆすりをしてしまったりする方がいます。そうならないためにも、面接対策を行う必要があります。そこで、上記のような当たり前のことができれば、面接に落ちることはそこまでありません。

 

面接は一発勝負なので、この大切な面接をしっかりと乗り切る必要があります。前ページのような想定質問を考え、その答えを用意しておくことも必要です。

 

薬剤師の就職面接で聞かれることとは|薬剤師の転職 

 

また、ほとんどの薬剤師は転職時に転職サイトを利用しますが、コンサルタントに模擬面接をお願いするのも良いです。転職サイトにもたくさん種類があります。選ぶ転職サイトを間違えると良い転職ができないため、あなたの事を考えて支援してくれる転職サイトを選びましょう。

 

続いて、不採用になる薬剤師の特徴とはとはです。

おすすめの転職サイト

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る