薬剤師の年収(お給料)のお話|薬剤師の転職


薬剤師の年収(お給料)のお話|薬剤師の転職

薬剤師の年収(お給料)のお話

どうせ働くなら、たくさんお金が欲しいです。誰でもそう思います。

 

会社の規模や年齢によっても変わってきますが、ある調査によると、薬剤師の平均年収は500万~550万です。

 

同じ薬剤師でも、調剤薬局、病院、ドラッグストア、製薬会社、それぞれの職種によって年収は変わってきます。

 

一番給料が良いのは製薬会社で、中でも最も給料が良いのは営業職(MR)です。しかし、離職率が高いので、転職の際はこの辺も考慮して考えなければなりません。

 

お金だけで見れば、僻地で働くという選択肢もあります。僻地では薬剤師の数が足りていないので、薬剤師免許を持っている方は歓迎されます。人が足りていないので、会社が多めに給料を出しても薬剤師が欲しいのです。

 

しかし、薬剤師が少ない分、一人の仕事量は必然と多くなり、忙しい毎日を送ることになるかもしれません。一人での仕事は責任も大きく、ミスを防止するための2重確認がしづらいといったデメリットもあります。また、大手チェーン店の場合は、僻地手当がなく、僻地で働くのも都市部で働くのも給料は変わりません。

 

一般的に、給料を上げることは簡単ではありません。これは薬剤師も同様です。

 

給料は需要と供給のバランスで決まります。給料を上げるには、薬学の知識はもちろん、患者さんとの信頼関係や取引先の件数など、たくさんの努力が必要です。会社に利益を出せるようになって初めて給料が上がります。なんの成果も出してないのに給料が低いと不満を漏らしていてはいけません。

 

続いて、薬剤師の適正年収の決まり方です。

おすすめの転職サイト

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る