製薬会社で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職


製薬会社で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職

製薬会社で働く薬剤師の仕事とは

製薬会社は、給料が高く、キャリアアップ、福利厚生の充実など、人気が非常に高い特徴があります。就職するためには、頭の良さ・知識も豊富に必要です。

 

製薬会社で働く薬剤師の仕事の種類はたくさんあります。
▶創薬
▶CRC(治験コーディネーター)
▶CRA(臨床開発モニター)
▶MR(医薬情報担当者 )
▶臨床開発(QC,QA,DM)
▶DI業務 など

 

▶創薬
新薬を開発する仕事です。薬を開発するには多くの研究や臨床試験を行う必要があり、莫大な時間とお金がかかります。創薬に携わるには、薬学部で学んだ知識だけでなく、、大学院での高度な知識と能力が求められます。

 

▶CRC(治験コーディネーター)、CRA(臨床開発モニター)
CRCもCRAも治験に関わる仕事ですが、仕事内容も所属する機関も異なります。CRCは病院をサポートし、CRAは製薬会社をサポートします。

 

【CRC(治験コーディネーター)の仕事】
医療機関の治験を支援するSMO(治験施設支援機関)において、医療機関における被験者のケアや服薬指導、スケジュール管理、医師のサポート、外部企業との調整を行うなどの仕事があります。治験の契約から進行、モニタリングまで治験が終了するまでの一連の流れに携わります。被験者、医師、外部企業の方と接する機会があるので、コミュニケーション能力が必要です。

 

【CRA(臨床開発モニター)の仕事】
臨床開発モニターと呼ばれ、製薬会社に代わって開発を行うCRO(医療品開発業務受託機関)において、治験から新薬申請までの諸々の手続きを進めます。中でも一番重要なのが、治験が適切に行われているかを検証、確認するモニタリング訪問です。専門的な薬学の知識やデータ管理能力が必要です。

 

▶MR(医薬情報担当者)
MRはMedical Representativesの略で、「自社の医薬品を適正に使用してもらうこと」、「自社の医薬品を普及させる活動」を行います。つまり、医師や薬剤師に薬の安全性や有効性などの情報提供を行います。また、情報の提供だけでなく、副作用などの情報収集も行い、自社に持ち帰って研究開発担当者へフィードバックするなど、製薬会社と医療従事者をつなぐ大切な役割も担っています。

 

具体的な業務は、担当する病院などによって異なりますが、基本的には1日数件訪問して自社製品の説明をしつつ、医師や医薬品卸の担当者たちとの信頼関係を築くことが重要な仕事です。医師とのコネクションができるので、将来、保険薬局の開業を考えている人にとってMRの仕事は有利だといわれています。実際にMR経験者の薬局経営者も多くいます。

 

▶臨床開発(QC,QA,DM)
新薬の開発に携われる仕事で、治験における品質管理(QC)、品質保証(QA)、データマネジメント(DM)に関する業務を行います。

 

【QC(品質管理部門)の仕事】
新薬開発において治験が適切に行われているか、評価・検証するのが主な仕事です。CRA(臨床開発モニター)が作成した書類をチェック・検証することで逸脱や違反がないかを未然に防ぎ、医薬品の品質向上を担う重要な仕事です。

 

【QA(品質保証部門)】
医薬品の製造から出荷までの評価と検証、不良品が出ないようにするための仕事です。万一不良品が出た場合は、原因を探り改善するという重要な仕事も任されます。

 

【DM(データマネジメント)】
SASやオラクルなどの高い専門性や情報処理能力が求められる仕事です。適確性判定管理や治験進捗管理サポート、症例報告書のチェックやデータ入力管理、誤記チェックなど文書や記録作成など、信頼できるデータを確保し報告書に反映させる重要な役割があります。

 

▶DI業務
DIとはDrug Informationの略で、DI業務という職種は医薬品情報を管理する仕事です。業務内容は、副作用や臨床現場でのデータなど、日々研究開発が進められる医薬品に関する情報を収集・整理し、その情報を必要とする人に適切な形で提供します。製薬会社をはじめ、医薬品の卸業者や大きな病院などには通常、DI室が設置されています。

 

病院でのDI業務は、主に院内の医師や看護師などを対象に情報収集と提供を行いますが、時には治療過程での副作用が出るなど緊急性のある業務へも対応しなければなりません。一方、製薬会社や卸業者の場合は、病院のDI業務担当の薬剤師からの問い合わせもありますし、その他、医療従事者や社内の営業マンから業務に必要な資料の提供を求められることもあり、さらなる専門知識と資料作りなどのスキルも必要です。

おすすめの転職・就職サイト

▶ご利用満足度3年連続No.1

 

▶「あなた」の希望を叶える好条件求人を幅広くラインナップ

 

▶8万件以上の求人件数を誇る国内最大級の薬剤師専門の求人サイト

 

▶求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート

 

▶薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応

関連ページ

▶まず初めに読んでほしいこと、知っておいてほしいこと
薬剤師が就職・転職活動を始める|薬剤師の就職・転職
薬剤師の企業の選び方|薬剤師の就職・転職
もう一度退職理由を考えてみる|薬剤師の就職・転職
薬剤師の年収の話|薬剤師の就職・転職
薬剤師の適正年収の決まり方|薬剤師の就職・転職
薬剤師の高額求人の罠|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職・転職で失敗しないために|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職・転職で失敗する人の共通点|薬剤師の就職・転職

 

▶薬剤師の主な勤務先とは
保険薬局で薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
病院で薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
ドラッグストアで薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
製薬会社で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職
大学で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職
政府で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職

 

▶退職するとき
上司に退職を伝える方法|薬剤師の就職・転職
強い意志を持って退職を伝える|薬剤師の就職・転職

 

▶履歴書・面接のいろは
薬剤師の良い履歴書の書き方|薬剤師の就職・転職
転職が多い場合の履歴書の書き方|薬剤師の就職・転職
薬剤師が就職面接に行くときに必要なもの|薬剤師の就職・転職
面接時、転職コンサルタントに同行してもらう|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職面接で聞かれること|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職面接に行く前に|薬剤師の就職・転職
不採用になる薬剤師の特徴|薬剤師の就職・転職

 

都道府県別から希望の求人を探す

 

薬剤師の就職・転職・スキルアップ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る