薬剤師の良い履歴書の書き方|薬剤師の就職・転職


薬剤師の良い履歴書の書き方|薬剤師の就職・転職

薬剤師の良い履歴書の書き方

▶履歴書の写真は写真屋さんで撮ってもらう
写真屋さんで撮ってもらいましょう。構図や色など、機械で撮るよりも断然きれいに仕上がります。私服ではなくスーツを着て、顔が枠内に納まっている写真を貼ります。

 

▶綺麗な字で書く
履歴書の字が綺麗だと印象が良いです。逆に汚い字だと、履歴書を見る気も失せます。間違えても修正テープや修正ペンは使いません。まず下書きをして、それを見ながら別の履歴書に書き直すのがおすすめです。

 

▶職歴欄・会社名まで書く
薬局から転職する場合など、同じ薬局名や似た名前の薬局はたくさんあります。「○○薬局」とだけ書いてもどこの「○○薬局」かわかりません。薬局名だけでなく必ず会社名も書くようにします。

 

▶志望動機は自分の言葉でしっかり書く
よく見る「御社の経営理念に共感し……」など、テンプレートを書いても何も伝わりません。志望動機には、あなたが「就職・転職先の企業に対して貢献できるものは何か」、「薬剤師としてどう働いていくのか」を自分の言葉で書きます。これだけでも、当たり障りのない志望動機の履歴書より良く見えます。

 

▶職務経歴書
最近は、履歴書と一緒に職務経歴書も書かなければいけない場合があります。職歴欄だけではあなたがどんな仕事をしてきたかわかりません。また、面接で伝えることができたら良いですが、緊張して伝えきることができない場合もあります。職務経歴書はネットで検索して出てきたものを真似して書けば大丈夫です。この際、転職コンサルタントに見てもらうとより良いでしょう。プロに作成・添削をしてもらうと、素晴らしい職務経歴書ができます。

 

▶薬剤師免許証
就職・転職の際に履歴書と職務経歴書、薬剤師免許証が必要です。薬剤師免許証がなければ、薬剤師と証明できません。もし無くしていれば再発行しなければなりません。再発行には三ヶ月程時間がかかります。薬剤師免許証はとても大切なものなので、必要な時すぐ見つけれるように大切に保管しときましょう。

 

履歴書も自分をアピールする大切な書類です。丁寧に書いて自分の気持ちをしっかり書きましょう。

 

続いて、面接

 

転職回数が多くて不安な方はこちら

おすすめの転職・就職サイト

▶ご利用満足度3年連続No.1

 

▶「あなた」の希望を叶える好条件求人を幅広くラインナップ

 

▶8万件以上の求人件数を誇る国内最大級の薬剤師専門の求人サイト

 

▶求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート

 

▶薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応

関連ページ

▶まず初めに読んでほしいこと、知っておいてほしいこと
薬剤師が就職・転職活動を始める|薬剤師の就職・転職
薬剤師の企業の選び方|薬剤師の就職・転職
もう一度退職理由を考えてみる|薬剤師の就職・転職
薬剤師の年収の話|薬剤師の就職・転職
薬剤師の適正年収の決まり方|薬剤師の就職・転職
薬剤師の高額求人の罠|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職・転職で失敗しないために|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職・転職で失敗する人の共通点|薬剤師の就職・転職

 

▶薬剤師の主な勤務先とは
保険薬局で薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
病院で薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
ドラッグストアで薬剤師として就職する|薬剤師の就職・転職
製薬会社で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職
大学で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職
政府で働く薬剤師の仕事とは|薬剤師の就職・転職

 

▶退職するとき
上司に退職を伝える方法|薬剤師の就職・転職
強い意志を持って退職を伝える|薬剤師の就職・転職

 

▶履歴書・面接のいろは
薬剤師の良い履歴書の書き方|薬剤師の就職・転職
転職が多い場合の履歴書の書き方|薬剤師の就職・転職
薬剤師が就職面接に行くときに必要なもの|薬剤師の就職・転職
面接時、転職コンサルタントに同行してもらう|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職面接で聞かれること|薬剤師の就職・転職
薬剤師の就職面接に行く前に|薬剤師の就職・転職
不採用になる薬剤師の特徴|薬剤師の就職・転職

 

都道府県別から希望の求人を探す

 

薬剤師の就職・転職・スキルアップ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る