転職が多い場合の履歴書の書き方|薬剤師の就職・転職


転職が多い場合の履歴書の書き方|薬剤師の就職・転職

転職が多い場合の履歴書の書き方

転職される方で、転職回数が多いと職務経歴書をどう書けば良いか、不安に思う方がいると思います。

 

主な不安理由として、「転職回数が多いと不利になるのではないか」、「職歴をいくつか省略した方が良いのか」、「退職理由はどう書けば良いのか」、「悪いイメージを持たせないような書き方を知りたい」などがあると思います。

 

▶「転職回数が多いと不利になるのではないか」の場合
やはり転職回数が多いと不利になります。

 

転職サイトで薬剤師を募集している企業などは、転職支援会社に高いお金を払って依頼しています。転職支援会社を使い薬剤師を採用できたのに、その方がすぐ辞めてしまったらそのお金が無駄になり、また高いお金を払って転職支援会社に薬剤師募集の依頼を頼まなければいけません。

 

女性の方で、結婚・出産が理由ならば問題ありません。ただ転職が多い方は「今度は長く働いてもらえる」と思わせなければいけません

 

▶「職歴をいくつか省略した方が良いのか」の場合
職歴は嘘偽りなく正直に書きましょう。もし、良い職場で働けることになっても嘘の職歴がバレた時、あなたへの信頼を失なってしまいます。最悪の場合、解雇されることもあります。後で後悔しないためにも、正直に書いた方が絶対に良いでしょう。

 

▶「退職理由はどう書けば良いのか」の場合
退職理由はそれぞれ会社ごとに書かなければいけません。まとめて書いたり、省略してはいけません。

 

退職理由を書くときは、前向きな理由を書きます。「スキルアップしたい」、「家族を養うために給料をあげたい」、「患者さんともっと直接かかわれる仕事がしたい」など。

 

マイナスな理由は、会社側から「この人は大丈夫か?」と思われてしまい、採用から遠のきます。「会社が悪い」、「人間関係が良くなかった」などです。このような理由は避け、退職理由は前向きな理由を書きましょう

 

▶「悪いイメージを持たせないような書き方を知りたい」の場合
転職回数が多いのは悪いことではありません。考え方次第でプラスに変わります。「転職回数が多い=いろいろな職場でたくさんの経験をした」と考えれば、自分の強みにもなります。これまでの会社でどんなことをしていたのか、どんな経験を積んだのか、その強みをアピールできれば、「働きだしてから即戦力になる」と企業側が受け入れてくれるかもしれません。考え方、言い方をプラス思考にしましょう。

 

困ったときはプロの転職コンサルタントに相談しましょう。良いアドバイスを貰いながら、満足いく履歴書や職務経歴書を作成していきましょう。

 

続いて、面接

おすすめの転職・就職サイト

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る