薬剤師の転職で失敗しないために|薬剤師の転職


薬剤師の転職で失敗しないために|薬剤師の転職

薬剤師の転職で失敗しないために

薬剤師は他の企業に比べて、転職が多い職業です。理由は、薬剤師免許があるだけで採用されやすいからです。

 

しかし、この売り手市場は終わりつつあり、転職回数が多い方は採用されにくくなっています。できれば、一度就職したところで長く働くのが一番理想的です。

 

 

▶条件だけで転職すると失敗する
求人票だけを見て転職先を決めると必ず失敗します

 

例えば、「高収入」という文字だけで判断すると、転職してから「勤務形態が思っていたのと違った」、「人間関係が悪かった」など、後悔してしまいます。

 

つまり、「あれ、思っていたのと違う…」と、また新しい職場を探さなければなりません。

 

「高収入」には理由があります。「勤務形態」や「実際どんな会社なのか?」など、必ず総合的に見て判断しましょう。

 

働く場所を見学するのも大切です。求人票には載っていない人間関係や自分が働くことになる店舗や会社はどんな土地にあるのかを実際に見ることで、「人間関係が悪かった」、「交通が不便な場所にある」などを避けることができます。

 

働きだしたものの、経営が悪化して減給になる、他店舗の手伝いをしなければいけなくなることもあるかもしれません。こうした求人票には載ってないことも確認する必要があります。

 

 

▶将来像を語れる人は転職で成功しやすい
転職で成功する薬剤師は、こうなりたいという「将来像のある人」が多いです。

 

転職の場合、「年収アップ」も一つの理由になります。その場合、「なぜ年収をあげたいのか?」を考えなければいけません。「ただ年収をあげたい」では、理由が曖昧なため、転職に失敗してしまいます。

 

転職とは、「あなたが求めていることを叶える」という目的のために行います。「年収を上げたい」、「人間関係が悪い」という漠然とした理由ではなく、もっと理由を突き詰めたうえでの転職でなければいけません。

 

まず初めに、「自分の将来像」をしっかりと考えましょう。そうすれば、目先の良い条件が書かれた求人票に飛びつかなくなります。

 

求人票の「裏」にある情報まで見定めて、転職活動をすれば、薬剤師として良い就職先で働けるようになります。あなた自身の心構えを変化させることが、転職成功の秘訣だといえます。

 

続いて、大学の先生や友人からの紹介には気を付けるです。

おすすめの転職サイト

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る