大学の先生や友人からの紹介には気を付ける|薬剤師の転職


大学の先生や友人からの紹介には気を付ける|薬剤師の転職

大学の先生や友人からの紹介には気を付ける

転職で失敗する人には共通点があります。

 

高収入という面だけを見て、「どんな会社か」、「どんな業務内容か」を知らずに働きだすなど、一部分だけを見て転職する人です。

 

さらに、大学教授(先生)や友人の紹介も失敗しやすいケースのひとつです。大学教授や友達など信頼関係がある紹介は、一見何の問題もなく失敗もないように思えます。しかし、こうした例での転職は高確率で失敗しやすいのです。

 

 

▶大学教授(先生)の推薦による失敗
薬剤師専門の転職サイトに在籍するプロのキャリアコンサルタントいわく、薬剤師が転職で失敗しやすいのは、大学教授(先生)からの推薦による場合が多いようです。

 

薬学部に在籍している教授(先生)は、ある程度、薬局や病院とつながりがあります。そうした薬局の経営者や病院の薬剤部長などから薬剤師を紹介してほしいと頼まれたとき、知り合いの薬剤師や生徒(薬剤師候補)を紹介します。このときの紹介は「知り合いに頼まれての紹介」であって、大学教授(先生)は就職先の内情をまったく知りません。紹介先の給料、業務形態などまで考えずに就職先を紹介しているのです。

 

 

▶友人の紹介による失敗
友人からの紹介の場合も一緒です。大学教授も友達も信頼関係はありますが、紹介先の給料や業務形態を深くまで知っているかといえば、また別の話です。

 

就職先を紹介してくれた友人が薬剤師であっても、同様に失敗しやすいです。その人が給与制度や就業規則、経営者の方針まで含めて理解しているのであれば問題ありません。しかし、そのような薬剤師はほぼいないので、友人からの紹介には気をつけましょう。

 

 

▶プロのキャリアコンサルタントを活用しましょう
このように考えると、大学教授以外にも友人から転職先を紹介されて選ぶ場合もかなり危険です。

 

こうした問題を回避するため、多くの人は転職サイトに在籍するプロのキャリアコンサルタントに相談します。このとき、転職で成功しやすい人は「自分の意見」と「キャリアコンサルタントの意見」の両方を取り入れます

 

しかし、自分の意見ばかりを押し付けてはいけませんし、コンサルタントの言いなりになるのもダメです。自分の意見を大切にしつつも、キャリアコンサルタントの意見も取り入れるようにするのが、転職で失敗しない方法です。

 

そのため、転職サイトを複数活用し、さまざまなキャリアコンサルタントの意見を取り入れた方が良いです。活用する転職サイトを1社だけに絞ると、自分と相性が悪かったり、仕事をサボってしまうコンサルタントがいるのも事実です。

 

また、転職サイトによって特徴が異なるので、複数の転職サイトを活用し、あなたに合うキャリアコンサルタントの活用が、成功の第一歩になります。そして、良い求人を見つけることが、転職で失敗しないためのステップとなります。

おすすめの転職サイト

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る