薬剤師の就職・転職|強い意志を持って退職を伝える


薬剤師の就職・転職|強い意志を持って退職を伝える

強い意志を持って退職を伝える

やっと自分に合う転職先が見つかったのに、なかなか辞められない人が多いようです。上司に退職の話をすると、多くの場合引き止められます。いくら話しても受け入れられず、意思が通せなくなり転職を諦めてしまうケースもあります。

 

なぜ会社がこんなに引き止めようとするのかというと、薬剤師は薬剤師免許がないと薬局では調剤できません。薬剤師免許は誰でも持っている資格ではないので、あなたの代わりをすぐに見つけるのは、なかなか難しいのです。

 

一般企業では資格がなくても働けることが多いので、すぐに他の人が見つかり、そこまで退職を止められることはありません。

 

大事な薬剤師がいなくなるのは会社にとってとても困ります。

 

しかし、自分の理想の転職先が見つかったのに、退職をやめるのは自分の未来を諦めてしまうことになりますし、自分を受け入れてくれた転職先にも迷惑をかけてしまいます。ここで転職をやめ、元々いた職場に残ることになっても、一度辞めると言っているので、そのままここに居るのは気まずい雰囲気になることもあるかもしれません。働きにくい環境で働くのはとても苦痛です。

 

強い意志を持って、上司に転職の意思を伝えましょう。

 

▶退職の流れ
一般的には退職日の1.5~3ヶ月前に退職の話をします。このとき、繁忙期を避けることが望ましく、時間帯は就業時間外が良いとされます。

 

「今ちょっとよろしいですか?ご相談があるのですが…。」と直属の上司へ切り出しましょう。小さい会社で上司がいない場合は、社長へ伝えても構いません。

 

ぶれない意思と、理由をもって退職の話を行いましょう。この際に、いつまで今の会社に残るのか退職予定日を想定しておくとよいでしょう。そして、退職の話がついた後に退職願を出しましょう。「退職願」は退職を願い出る書類であり、会社が受理しないと効力を発揮しません。

 

もしも、会社が退職交渉に応じてくれない状況であれば、「退職届」を提出しましょう。「退職届」は従業員から一方的に労働契約を解約するための書類です。提出後は、受理されなくても、2週間が経過すれば必ず退職することができます。(民法627条)

 

しかし、この方法は強引であり、円満退職を目指している人にはあまりおすすめできません。

おすすめの転職・就職サイト

▶ご利用満足度3年連続No.1

 

▶「あなた」の希望を叶える好条件求人を幅広くラインナップ

 

▶8万件以上の求人件数を誇る国内最大級の薬剤師専門の求人サイト

 

▶求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート

 

▶薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら








ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る