薬剤師の就職・転職|大学


薬剤師の就職・転職|大学

大学で働く薬剤師

大学での薬剤師の仕事は、薬学部の大学教員のことで「実務家教員」と呼ばれる臨床系教員のことを指します。

 

実務家教員は自らの研究をしながら学生に講義をし、講義がない時間は教授の研究を手伝ったり、学会・研究会に出席して研究成果を発表したりすることもあります。また、薬学部が増えたことで、実務実習先を確保する業務が重点に置かれるようになりました。

 

主な仕事内容
・実務実習先のマッチング
・学内臨床実習事前準備、講義
・実務実習の巡回あいさつ
・薬局実務研修
・学内評価者講習会の開催
・模擬患者の養成

 

実務家教員になるには、まず薬剤師として5年以上の業務経験が必要です。さらに、学歴や研究歴のほかに推薦も重要なため、仕事に就くまでの道のりはなかなか厳しいといわれています。

 

ただし、結果がついてくれば、助手→講師→准教授→教授と出世することもできます。

おすすめの転職・就職サイト

▶ご利用満足度3年連続No.1

 

▶「あなた」の希望を叶える好条件求人を幅広くラインナップ

 

▶8万件以上の求人件数を誇る国内最大級の薬剤師専門の求人サイト

 

▶求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート

 

▶薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら








ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る