当サイトの記事は、すべて薬剤師が執筆・監修しています。

解熱鎮痛薬|一般用医薬品(OTC薬)

【効能効果】 炎症や痛み、発熱に関わるプロスタグランジン合成を抑制する薬です。 頭痛をはじめ、ほぼ全身の痛みに効くが、神経性の痛みには効きづらい場合があります。 また、発熱を抑え熱を下げる効果もあります。
名称 備考
アスピリン(アセチルサリチル酸)  
アスピリンアルミニウム  
アセトアミノフェン 皮膚の血管を広げて熱を放散させ、痛みの感受性を低下させる作用を持つ。抗炎症作用は比較的緩やか。作用機序の詳細は解明されていない。
イソプロピルアンチピリン  
イブプロフェン  
エテンザミド  
サザピリン  
サリチルアミド  
サリチル酸ナトリウム  
ロキソプロフェンナトリウム  
これから  





Sponsored Link
Sponsored Link



ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME サイト概要 本(著書)の紹介 お問い合わせ

先頭へ戻る