もう一度退職理由を考えてみる



 

薬剤師,転職,退職

 

退職の理由は人それぞれです。

 

・給料が安い

 

・休みがない

 

・人間関係が良くない

 

など様々ですが、もう一度退職理由を考えてみましょう。

 

もしかしたら、退職せずに「今の会社にいる方」が良い場合もあります。

 

もし、退職理由を考えた時に、

 

・待遇がよくない

 

・人間関係が悪い

 

など、「ネガティブな理由しか出てこない方」は、転職せずに今の会社で頑張った方が良いかもしれません

 

今の職場の良い点を探す

転職理由に、

 

・待遇が悪い

 

・人間関係が良くない

 

などの理由をあげる方がいます。

 

しかし、転職理由がこのような理由なら、転職先でも同じような不満が出てしまう可能性が高いです

 

 

あなたの転職を受け入れてくれる企業は、「あなたに長く働いてもらう」事が前提です。

 

転職支援会社も同じで、きちんとした転職サイトは「あなたにピッタリ合う職場を紹介することで、できるだけ長く働けるように支援する」ことが目的です。

 

そうでなければ、紹介先にも迷惑をかけてしまいます。

 

そのため、転職理由としてネガティブな理由しか出てこない方は要注意です。

 

なぜなら、また同じ過ちを繰り返し、「転職歴」だけが積み重なってしまう可能性が強いからです。

 

 

一昔前までは、薬剤師はいくらでも転職先がありました。

 

しかし、最近では転職回数が多い人は、就職が困難になりつつあります。

 

もう一度、今の会社の良い点を探すことはとても大切です。

職場の良い点とは

多少給料が悪くても、学ぶ機会がたくさんあるかもしれません。

 

休みが取りにくいとはいえ、その分患者さんと接し、患者さんから感謝された経験もあるのではないでしょうか?

 

 

このように、悪い点ばかりに目を向けるのではなく、「どこか良い点はなかったか」考えてみましょう

 

 

転職を考えると、どうしてもネガティブな要素が出てきてしまいます。

 

しかし、このようなネガティブなままの状態だと、転職しても再びネガティブな要素が顔を覗かせてしまいます。

 

本当に良い部分が一つもないのであれば、転職を視野に入れましょう。

 

 

人によっては「今いる職場の良い点が見えなくなっている」だけかもしれません。

 

なので、転職をしないほうが良い方も中にはいます。

 

こう考えると、「転職をしない」という事も重要な選択肢の一つです。

転職を決意するタイミング

その時の判断ではなく、「なぜ転職しなければいけないのか?」を考える必要があります。

 

転職を考えている今、ネガティブな要素に目が行きがちかもしれません。

 

しかし、そのネガティブ要素に少し目を瞑るだけで問題ないこともあります。

 

それでも我慢できないときにようやく「転職」という選択肢が出てきます。

まとめ

転職サイトを利用すると、ヒアリングなど多くのやり取りを行うようになります。

 

面倒に感じることもありますが、これはあなたにとってピッタリの職場を提案するために、必要不可欠な過程でもあります。

 

中にはスピード転職として「最短3日で転職可能!」とアピールしているところもありますが、そのような転職サイトは絶対に利用しないでください。

 

必ず転職後のことまで考えて、あなたをサポートしてくれる転職サイトを活用してください。

 

 

続いて、薬剤師の年収のお話です。

おすすめの就職・転職サイト

関連ページ



Sponsored Link
Sponsored Link