風邪薬は本当に必要か?


風邪薬は本当に必要か?

風邪の薬は必要か?

風邪(かぜ)薬は必要か?不必要か?
議論を耳にした方も多いのではないでしょうか。
風邪の本質と、薬の正しい使い方を知ることは非常に大切です。

 

風邪の辛い症状は、薬を飲めば楽になります。「薬で治りが早くなるのか?」「薬は本当に必要なのか?」じっくり考えたことはありますか?

 

 

【風邪とは】
曖昧な病名なのですが、喉の奥にある「気管支」の炎症を指すことが多いようです。咳や痰、微熱やだるさなどが主な症状です。

 

 

 

 

【風邪の原因】
80~90%が「ウイルス」と言われています。ここで、「ウイルス」と「細菌」は、全く違うということに注意が必要です。ウイルスは動物の細胞にとりつかないと増えることが出来ないのに対し、細菌は細胞にとりつかなくても増えることが出来ます。

 

ウイルスと細菌では、増え方や構造が異なるため、薬の効き方が全く異なるのです。つまり、抗菌薬、抗生物質は「ウイルス」に対して何の効果もありません。

 

 

【風邪への対応】
以下に、日本呼吸器学会のかぜ症候群(風邪)に対するガイドラインを示します。発熱、鼻水、のどの痛み、咳などから判断します。このガイドラインでは、自宅療養で治すべきか、本当に病院などの医療機関に行くべきなのかの判断の参考になるはずです。


※1 インフルエンザなどで重篤な症状の場合のみ
※2 健康な身体状況が保たれている高齢者
※3 インフルエンザの流行前のワクチン投与など
※4 第2子以上の妊娠では自宅に呼吸病原体のキャリアーの子供がいることに留意する
    (キャリアー:ウイルスは持っているが発病していない人のこと)

 

日本呼吸器学会 成人気道感染症診療の基本的考え 2003参照

 

軽度の風邪は、安静、水分・栄養補給により、自然に治癒します。
つまり、わざわざ病院にいく必要はありません。

 

 

【風邪薬】

  • 抗菌(こうきん)薬(菌をやっつける薬)
  • 解熱鎮痛(げねつちんつう)剤(熱や痛みの薬)
  • 鎮咳(ちんがい)薬(咳止めの薬)
  • 去痰(きょたん)薬(痰きりの薬)
  • うがい薬
  • 消炎薬
  • 漢方薬

これらが、良く使用される薬です。
詳細と知って得する特徴を、次のページでお示しします。

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら








ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る