心臓と不整脈|絶対不応期と相対不応期


心臓と不整脈|絶対不応期と相対不応期

絶対不応期と相対不応期

心臓の細胞が興奮(収縮)している間に、他所から電気刺激がやってきて、興奮の重複が起こってしまっては困ります。そのために、心臓は防御手段を用意しています。つまり、心臓は活動中、どこから刺激がやってきても興奮しない仕組みになっています。

 

その仕組みが、絶対不応期相対不応期です。

 


出典:標準生理学 心臓の活動電位と不応期

 

絶対不応期
心臓は収縮の途中、電位差が浅く、Naチャネルが不活性化されています。Naチャネルは約-65mVで開くため、再分極が相当に進むまでは、強い刺激がやってきても反応できない状態なのです。電位差が約-60mVまで深くならないと、心房、プルキンエ線維、心室の細胞はいかなる刺激にも反応せず脱分極はしません。

 

相対不応期
しかし、再分極が進み細胞の電位差が約-60mVより深くなってくるとNaチャネルは“不活性化からの回復”を始めます。これが相対不応期であり、電気刺激に対して反応できるチャネルが徐々に増えてきています。再分極が完全に終わるころには、すべてのNaチャネルが不活性化から回復しています。

 

心房筋では収縮期が短く、速い段階で不活性化状態から回復し、分極状態になります。そのため絶対不応期が短く、異常興奮(不整脈)が起こりやすく、心室に比べ不整脈の起こる頻度が多いのです。

 

この部位の不整な動きを止めるために、不応期を長く(電位依存性Kチャネルを抑制)してやれば、その間にやってきた刺激に反応しない、不整脈を止められるかもしれません。これは不整脈を止める一つの方法です。

ちょっとひとやすみ

私たちの身体は機械ではありません。“生きたもの”です。心臓の細胞に、ちょっとした狂いや障害が起これば、その部位では深い静止電位をつくることも、細胞から細胞へ刺激を送ることも難しくなります。何の障害も無い細胞でさえ、不整な興奮を起こすことがあります。

 

「自動的に動く心臓では、いつも間違いなくチャネルが開き、イオンの出入りがきちんと出来ているだろうか?」と疑ってもらいたいのです。

 

心臓の各細胞は心臓を動かすことを目的に機能しているのでしょうか?いやいや、それぞれの細胞は、自分に与えられた仕事をやっているだけです。その個々の細胞の働きが集合され、その結果として心臓は動いているのです。時には狂ったことをする細胞もいるでしょう。機械ではない“生きたもの”ですから。でも、心臓の動き全体としてみたら、狂ってしまうことはまれなのです。

 

また、心不全の病態は、心臓の収縮する力が弱くなり、拡張も難しい状態です。心臓は正常ではありません。その細胞では、どのような不都合が起きているのでしょうか。虚血状態では、ミトコンドリアでのATPの産生が上手くいきません。ATPの不足は、細胞内にどのような異変を起こすでしょうか?心臓の動きを習得した今、次の不整脈・心不全の理解のために考えておいていただきたいのです。

 

これまでの説明は、人の身体というよりも組み立てられた機械を相手にしたように、割り切った説明をいたしました。我々の身体の仕組みは、このように文字で表せるような単純なものではないと思います。どうか動く心臓の仕組みの概略と捉えてください。

 

心臓は休みなく働いている袋です。不整な動きがあるのも不思議ではありません。また、時間と共に心臓の細胞も弱っていきます。「なるほど」と、参考にしてもらえると嬉しいです。

 

 

続いて、心電図と波形

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら








ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る