薬局での初回質問


薬局での初回質問

薬局での初回質問

初めての薬局を利用したときに、質問票にアレルギーなどの「からだの情報」を記入した経験がある方も多いのではないでしょうか。その質問票を「初回質問票」といいます。病院において色々な情報を聞かれ、さらに薬局でも同じことを聞かれるため、いい気分にはならないかもしれません。

 

よく勘違いされますが、病院と薬局において、患者さんの情報を勝手に共有することはありません(守秘義務)。つまり、薬局において患者さんの情報を知るためには、質問などによって聞かせていただくしかありません。そこには、健康を守るための様々な理由があります。

 

質問票には、副作用歴、体質、併用薬、嗜好品、緊急連絡先などの項目があります。患者さんが、安全かつ適切に薬を使用できるために、初回質問票を活用しています。

 

初回質問票

項目 詳細と理由
氏名、生年月日 氏名に間違いがあると、ほかの方の薬(間違った薬)をお渡しする危険性があります。
住所、緊急時の連絡先 医学は常に進歩しています。最新の研究によって、現在飲んでいる薬の「新たな副作用情報」が出た場合など、連絡先は大切な情報です。
体質 アトピー、花粉症、下痢や便秘をおこしやすいなど、体質を聞いておくことでキメの細かい「薬の情報」を提供できます。
既往歴 現在、または今までに(大きな)病気をしたことがないか確認します。既往歴によっては、使えない(使うと病気を悪化させてしまう)薬があります。
他科受診 ほかの病院や診療科にかかっていないか確認します。必要に応じてその病院の医師と連携をとる場合があります。
併用薬 他に飲んでいる薬はないか確認します。薬同士の飲み合わせの確認を行います。一般用医薬品(OTC薬)や健康食品、サプリメントとの飲み合わせも確認します。
副作用歴 今まで使ったことがある薬での副作用を確認します。副作用を起こしたことのある薬を再度使う必要はありません。必要に応じて、似た効果の薬に変更することもできます。
食物アレルギー 食べ物でのアレルギーを確認します。特に、たまごアレルギーの方で使ってはいけない薬が多いため、注意が必要です。
飲酒・喫煙 薬との飲み合わせ、生活に支障がない薬の選択・情報提供行います。喫煙によって、薬の効果(副作用)が強く出る場合もあります。
後発医薬品(ジェネリック医薬品)の希望 後発医薬品への変更を望むかどうかの確認と情報提供を行います。後発医薬品に関して、偏った知識を持っている患者さんが多いです。
生活環境 自動車の運転、高所作業、夜間勤務など日常生活、仕事上の特記事項をかくにんします。眠気の起こりやすい薬や、食事の影響を受けやすい薬において、情報提供を行います。
妊娠・授乳 妊娠中の場合は出産予定日を確認します。その状態に応じた薬の選択・情報を提供します。
コンタクトレンズ(ハード、ソフト) コンタクトレンズを着色する薬や防腐剤に関しての情報を提供します。

 

小児(保護者へ)の初回質問票
成人の質問項目に加えて、錠剤は飲めないなど「服用ができる薬の形(剤形)」、「体重」などについて確認します。体重によって、飲むべき薬の量が変化します。薬の量を間違えると強い副作用が出ることもありますので、「病院と薬局」の両方で、体重を確認(二重チェック)することが大切です。

 

小児への質問例
お薬を上手に飲めますか?

  1. 飲んだことがない
  2. 飲ませるのに苦労した(どの点で苦労した?)
  3. 粉薬が飲める
  4. 錠剤が飲める
  5. カプセルが飲める
  6. 特に問題はない

関連ページ

なぜ、一般の方が医療を学ぶべきなのか?

人生の分岐点で成功する「薬剤師の就職・転職・スキルアップ」はこちら

あなたの人生を美しく「癒しの写真」はこちら







ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 当サイトの目的 薬剤師の転職支援 本の紹介・著書 お問い合わせ

先頭へ戻る